杉咲花が板谷由夏にビンタ! 視聴者「強烈」「痛そう」の声 『ハケン占い師アタル』第6話

エンタメ
杉咲花、板谷由夏
(左から)杉咲花、板谷由夏  クランクイン!

 女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第6話が21日放送され、アタル(杉咲)が上司である大崎(板谷由夏)にビンタを浴びせるシーンに、視聴者から「強烈」「痛そう」などのツイートが寄せられた。

 謎の占い師・キズナ(若村麻由美)の元を「シンシアイベンツ」制作Dチームの課長・大崎結が訪れる。その姿は疲れ果て、まさに抜け殻のようだった。さかのぼること2日前、大崎はいつものように中学生の息子から無視され、夫にもろくに話を聞いてもらえずにいた。そんな大崎に、部長・代々木匠(及川光博)から“遠く離れた倉庫への出向という名目で、Dチームからリストラ候補者を1名選べ”という指令が下る…。

 リストラを迫る部長と仕事に前向きな部下との板挟みに悩み、プライベートでは夫の浮気や反抗期の息子の存在に悩む大崎は、憔悴しきって出社拒否をしてしまう。街をさまよう大崎が踏切の中に吸い込まれそうになったところを、白装束の女性に呼び止められキズナと引き合わされる。

 キズナの言葉に癒しを得た大崎は、会社へ行き、自分の荷物をダンボールに整理し始め「私が辞めるのが一番いいのよ…」とつぶやき、その場を立ち去ろうとする。大崎がキズナの言葉に影響されたことを見通したアタルは彼女にビンタ!。「目を覚ましてください!!」と問題から逃げないよう促す。このシーンに視聴者から「アタルちゃん?!ビンタ炸裂!」「まさかのビンタ」「強烈」「痛そう」「ビンタしてまで止めたかったのねアタルちゃん…」などのツイートが多数寄せられた。

 アタルに悩みを打ち明けた大崎は、誰もやめさせることなくリストラ問題を解決。翌朝、久しぶりに爽やかな目覚めを味わった大崎は、隣で寝ている夫の顔に強烈なビンタを一発。大崎は夫に対して「知ってるんだからね~浮気しているの。ちゃ~んと後始末つけてくださいね」と笑顔で語りかける。このシーンに対してネット上には「ビンタする清々しい大崎さんいいなwww」「ビンタ2回目」「朝起きて5秒でビンタ」などの声が寄せられていた。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介