『かつて神だった獣たちへ』、2019年TVアニメ化決定 制作はMAPPA

ゲーム・アニメ
『かつて神だった獣たちへ』
『かつて神だった獣たちへ』2019年TVアニメ化決定 (C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の異形のダークファンタジー『かつて神だった獣たちへ』が、2019年TVアニメ化決定。アニメーション制作は、『ユーリ!!! on ICE』などで知られるMAPPAが担当し、ハンク役・小西克幸、シャール役・加隈亜衣の出演も明らかになった。

 本作は、『黄昏乙女×アムネジア』や『結婚指輪物語』で知られる、めいびいによるコミックが原作。かつて、長きに渡る内戦を終結させるために産み出され、<神>と称えられた救国の英雄<擬神兵>。物語は、戦争が過去へと移り変わる中、<擬神兵>は人々からただ<獣>と称ばれ、恐れ蔑まれる存在となった。そんな中、元・擬神兵部隊隊長であり、現在は<擬神兵>を殺す<獣狩り>と呼ばれるハンクと、彼に父親を殺された少女・シャールは旅を共に。かつての仲間を殺し続けるハンクの旅路の行き着く先とは。

 この度、発表された本作は、『ユーリ!!! on ICE』『神撃のバハムート』『この世界の片隅に』など、数々のハイクオリティ作品を世に送り出して来たヒットメーカー・MAPPAがアニメーション制作を担当。

 監督は、『はじめの一歩』2期・3期監督、『ユーリ!!! on ICE』では演出チーフを務めた宍戸淳、シリーズ構成・脚本として『ゾンビランドサガ』『牙狼アニメシリーズ』の村越繁が参加する。また公開されたビジュアルには、武器を手に掛けるシャールと、意味深に背中を見せるハンクの姿が収められている。

 さらに今回、出演キャストとして発表された2人からコメントが到着。ハンク役・小西は「大好きな作品でしたので、オーディションにも力が入りました。皆さんのイメージに合うよう、そして、自分も楽しんで収録したいと思います」と明かす。

 一方、シャール役・加隈は「オーディションの時に原作を読ませて頂いたのですが、悲しみを背負いながらも一生懸命自分の意思で前に進んでいく、芯の強い彼女の姿。そして時折みせる等身大の可愛らしさがとても印象的でした」と振り返り、「そんな彼女と一緒に、精一杯この世界を生きて行きたいと思います」と意気込みを語っている。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介