松坂桃李『居眠り磐音』、本格殺陣シーン初挑戦の予告解禁

映画
映画『居眠り磐音』本ポスター
映画『居眠り磐音』本ポスター (C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

 俳優の松坂桃李が時代劇初主演を務める映画『居眠り磐音』より、松坂が本格殺陣に初挑戦する姿を捉えた本予告映像が解禁。併せて本ビジュアルも到着した。

 本作は、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英の同名時代小説を初めて映画化。昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替商の用心棒として悪と戦う“時代劇史上最も優しい主人公”坂崎磐音の活躍を、映画『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』の本木克英監督のメガホンとテレビ時代劇『ちかえもん』の藤本有紀の脚本で描く。松坂が磐音に扮するほか、木村文乃、芳根京子がダブルヒロインを務める。

 坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により2人の幼馴染みを失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒(芳根)を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった。その後江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこん(木村)からも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう。

 本予告編は、軽快な音楽とともに「眠狂四郎」「丹下左膳」「座頭市」「椿三十郎」など時代劇の名作に登場する名前が次々と映し出された後、松坂扮する磐音が、うなぎをさばく場面からスタート。磐音が浪人として、昼はうなぎ屋、夜は用心棒として江戸で暮らす様子が、俳優の遠藤憲一のナレーションにのせて展開していく。

 おっとりした様子の磐音が、用心棒として華麗な剣さばきを披露し、驚きの表情を浮かべるおこんや金兵衛。さらに、陰謀を企てる有楽斎(柄本佑)、磐音を思い続け涙を浮かべる許嫁・奈緒ほかさまざまな登場人物が映し出され、最後は磐音が「そなたに次などない」と言い放ち剣を振り下ろす姿で映像は幕を閉じる。

 本予告編と併せて解禁された本ビジュアルは、優しい眼差しと哀しい過去を持つ磐音に扮した松坂の横に「この男、切ないほどに、強く、優しい。」というキャッチコピーが添えられたもの。その下には、本作を彩るキャスト陣の劇中の姿も収められている。

 映画『居眠り磐音』は5月17日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介