キアヌ・リーヴス、愛する家族をクローン再生…『レプリカズ』怪しげな場面写真到着

映画
映画『レプリカズ』メインビジュアル
映画『レプリカズ』メインビジュアル (C)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

 俳優のキアヌ・リーヴスが製作と主演を務める映画『レプリカズ』の公開日が5月17日に決定し、メインビジュアルと新たな場面写真が到着。キアヌ演じる科学者が、事故で亡くした家族をクローン技術で蘇らせる様子を垣間見れる写真となっている。

 本作は、愛する家族のために暴走する天才科学者をキアヌが演じるSFアクション。製作には『MEG ザ・モンスター』のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラらに加え、キアヌ本人も名を連ねる。監督を務めるのは『デイ・アフター・トゥモロー』で脚本を手がけたジェフリー・ナックマノフ。

 神経科学者であり、人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていたウィリアム・フォスター(キアヌ)。しかし、ウィリアムはある日突然の事故で家族4人を失ってしまい、タブーを犯す決断をする。彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替えて蘇らせることに成功。再び幸せな日々を送ろうとするが、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かる。倫理よりも愛する家族を選んでしまった暴走科学者に、激しい戦いが待ち受けていた。

 今回解禁された場面写真は3枚。ウィリアムが家族を事故で失い、雨の中で泣き叫ぶシーンや、薄暗い実験室のような部屋で、2台のポッドに気泡に包まれた人影が見えているもの。さらに、ずぶぬれの状態で苦しそうに上を向いて口を開ける女性の姿を捉えたものとなっている。

 併せて解禁されたメインビジュアルは、険しい表情を浮かべるキアヌのアップ写真に、うっすらとアンドロイドのような輪郭が重なっているもの。その下には「その発明は[大罪]か[奇跡]か」というキャッチコピーが添えられている。

 映画『レプリカズ』は5月17日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介