本上まなみ、子育てで実感「子どもは自分とはまったく別個の存在」

映画
『そらのレストラン』本上まなみインタビュー
本上まなみ、映画『そらのレストラン』インタビューフォト  クランクイン!

 女優の本上まなみが、地域と人と食を描いてきた大泉洋主演の「北海道映画」第3弾『そらのレストラン』(深川栄洋監督、1月25日全国公開)に出演している。洞爺湖を舞台とした2012年公開『しあわせのパン』、空知が舞台の2014年公開『ぶどうのなみだ』と続く同シリーズだが、今作の舞台は道南の「せたな町」。海が見える牧場でチーズ工房を営む亘理(大泉)が、家族や仲間と共に1日限りのレストラン開店を目指す。本上は亘理の妻・こと絵を演じる。

 せたなで実際に循環農業に取り組む農民ユニット「やまの会」をモデルに、さまざまな食材を一つに包み込む「チーズ」と、その味わいのごとく濃厚な「仲間」の絆が描かれる。

 「こんなこと本当にあるの?というファンタジックなストーリーなので、実在の方々がモデルと聞いたときはびっくりしました。撮影も、実際にその人たちがいる場所をお借りしたので、こと絵のモデルになった牧場の奥様もいらっしゃってお話をうかがうこともできました」。

 恵まれた環境下での撮影。役作りはスムーズだったようだ。

 「その場所に立ったら、『あっ』と感じるものがあって。周りの雰囲気が教えてくれるんです。牛がいて、牧草の広がる向こうに海が見えていて。面白いと思うのは、モデルとなった人たちを見ていると、それ以上のことはいらないというか、佇まいだけで人となりが分かるんです。脚本のストーリーそのまま、何も嘘もなく来たんだなって」。

 もう一つ、主演の大泉の存在も撮影中、大きかったと振り返る。

 「亘理さんの、自分が好きなものを突き詰めたいという思いと、でもなかなか理想像に近づけず苦悩している様子を間近で見ていたら、本当に支えてあげたいなって心から思えたんです。それも何かをいろいろ言うのではなく、優しいだけで横にいるのでもなく、よく彼のことを見ていて、いま何を言ってあげたら支えになるのかということを考えている。こと絵はそんな女性だな、と分かったんです」。


 映画ではスケジュールやロケ場所の都合などによりラストシーンを最初に撮ることなども珍しくないが、今作の場合は割と物語の時系列に沿って進行したそうだ。季節は、次第に寒い冬へと向かって行ったという。道南とはいえやはり北海道。寒い場所でのロケならでは、美容面などで気をつけることはあるのだろうか。

 「基本的にはあまりないのですが、メイクのスタッフさんがみんなにすごく気配りをしてくださっていました。顔がこわばらないように暖かく保つようにいろいろなもの、たとえば血行を良くする足のマッサージ器ですとか、スチームの出る美顔器だったりを準備してくださったんです。何も不安なく撮影できました」。


 亘理と一人娘の潮莉(庄野凛)と、3人で幸せな家庭を築いていること絵。現実の本上も2児の母親だが、日常生活ではどのような家族図を描いているのだろうか。

 「子どもを育てて感じるのは、自分とはまったく別個の存在だなって。いくつかは私に似ている部分、いくつかは夫に似ている部分、いくつかは祖母に似ている部分もあって、いろいろな要素が見え隠れはしますが、だからと言ってその通りには絶対しない。思いもしない行動をしたり、考え方を持っていたりして、何かやりたがっていることも、なんとなくは分かるけれど、こちらが思ったようにはならない。本当にお借りしているものを育てているって感覚に近いですね」。

 本上自身は今後、女優業とどのような思いで向き合っていくのだろうか。

 「スカウトされて入った世界なので、本当に自分がやりたかったことなのかって言われると、たぶん違うかもしれません。ただ、父親にも言われたのが、やっぱり求められて作品に出る、何かを表現するっていう職業は、他にはあまりないと。求められるのはありがたいことなのだから、その機会を与えてもらえたと思ってがんばりなさいって。ただ、身体を壊すようなことをしてまでやる必要はないからって、その言葉だけをもらって、いまも私はここにいるんです。続けて来られたのは本当に良かったし、自分が表現できることは何なのか、これからも考えていきたいなと思っています」。

 思慮深く、一つ一つの言葉を大切に発する。品のある女優だ。(取材・文・写真:志和浩司)

 映画『そらのレストラン』は1月25日全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介