“ダブル木村” 佳乃&多江の口げんか&顔芸がクセになる! 『後妻業』第1話

エンタメ
【作品以外NG】カンテレ・フジテレビ系 ドラマ『後妻業』制作発表会見20190116
(左から)ドラマ『後妻業』制作発表会見に登場した木村多江、木村佳乃  クランクイン!

 女優の木村佳乃が主演を務めるドラマ『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)が22日に放送された。木村佳乃と木村多江、ダブル“木村”のバトルが視聴者の間で話題となっている。

 武内小夜子(佳乃)は、“後妻業”をなりわいとする女。大阪の結婚相談所「ブライダル 微祥」で社長を務める柏木亨(高橋克典)と組み、富裕層の高齢男性の後妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする手法で荒稼ぎしていた。ある日、元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはほかにもまだ財産があることを知った小夜子は、隠し場所の金庫を開けようと画策する。

 耕造の次女・中瀬朋美(多江)は、大阪で一人暮らす父の身を案じていた。その矢先、姉の西木尚子(濱田マリ)から父が倒れたとの知らせが。あわてて病院に駆けつけた朋美は、そこで初めて耕造の再婚を知り、父の妻だと名乗る同い年の小夜子に戸惑いを隠せない。小夜子の身なりや破天荒な発言から、父が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのではないかと考えた朋美は、元刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)に調査を依頼するのだが…。

 放送後、SNSではダブル木村の舌戦に対して「木村×木村が最高すぎて」「木村佳乃がぶっ飛んでて面白い」「喧嘩し合いながらも息ぴったりでめっちゃ笑った」「ダブル木村のやり取りがクセになります」と好評の様子。父が危篤の中、葬式の費用の話ばかりされることに朋美が「あなた何様なの!?」と投げかけると、小夜子が「奥様やー!」と顔芸を交えて返すシーンでは、「笑わせる気しかない(笑)」「コントにしか見えへん! おもろすぎ(笑)」など、思わず笑ってしまった視聴者が多数見受けられた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介