『ファンタスティック・ビースト』第3弾、撮影開始時期が変更か

映画
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第3弾で制作スケジュール修正(※2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の場面写真) (C)AFLO

 英作家J・K・ローリング原作のヒット映画『ハリー・ポッター』シリーズ。そのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第3弾の撮影が今夏に予定されていたが、晩秋に変更になったとDeadlineが報じた。

 ハリーたちが使っていた教科書の作者である魔法動物学者、ニュート・スキャマンダーが主人公の『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。ローリング自身が脚本を手がけ、製作総指揮としても参加している。スキャマンダー役は俳優のエディ・レッドメインが演じている。

 撮影開始時期が遅れる理由は不明だが、これにより製作側が必要としていた十分な準備期間が確保できるようだ。俳優陣にはすでに撮影が遅れる旨が伝えられ、スケジュール調整のお達しが出ているという。第3弾は2020年全米公開予定だったが、今回のスケジュール変更により公開予定日にどのような影響が出るかは不明だ。

 第3弾に登場する新しいキャラクターやあらすじなどは不明。これまでの2作では、俳優のジョニー・デップが若き日のグリンデルバルド役、俳優のジュード・ロウが若き日のダンブルドア役で出演する。同シリーズは毎回、異なる都市でストーリーが展開すると伝えられており、1作目の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ではニューヨーク、2作目の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ではパリが舞台になった。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介