『3年A組』菅田将暉が演じる教師をめぐる5つの謎に迫る

エンタメ
『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』メインビジュアル
『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』メインビジュアル (C)NTV

 若手実力派俳優が勢ぞろいした豪華キャストと、サスペンスフルな展開で高視聴率をキープしているのがドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)だ。本作で、一人の女子生徒の死を巡る3年A組生徒の人間関係をえぐり出していくのが、菅田将暉演じる主人公の教師・柊一颯。緊張感あふれる物語をけん引する彼にまつわる多くの謎に迫りたい。

 1つ目の謎は、自殺した女子生徒・景山澪奈(上白石萌歌)と柊の関係だ。ドラマの中では度々回想シーンとして、柊が澪奈をモデルにして絵を描くシーンが登場。そして第2話では柊が、澪奈をおとしめる目的でSNSにフェイク動画を投稿した宇佐美香帆(川栄李奈)に対して「景山はお前を恨んじゃいなかった。むしろ“自分のせいだ”と言っていた」と吐露。柊が澪奈の死にこだわり、彼女の声を代弁する姿には、2人の“ただならぬ関係”さえも予感させられる。

 2つ目の謎は柊自身の過去。第1話の序盤では歯向かってくる男子生徒を力でねじ伏せると、あ然とするクラス一同に対して「こう見えても昔はアクション俳優を目指していたんだ」と告白する。第1話と第2話では本編の中に断片的に特撮ドラマを思わせる映像もインサートされており、この映像に柊がどのように関係しているのかも興味が尽きない。

 さらに第2話で描かれた3つ目の謎は、かつての恋人・相楽文香(土村芳)の存在。文香は柊にとって前任校の同僚でもあるが、前任校の校長によって、文香が柊に暴力を振るわれていたことも明かされている。

 4つ目の謎は、柊が爆発物の取り扱いに精通しているところ。彼が学校中に仕掛けた爆弾はどこで調達し、その知識や技術をどこで身につけたのかも今後明らかになるのかもしれない。

 第1話の冒頭で柊は、校舎の屋上に立ち「この瞬間を持って、俺の授業は完結する」とつぶやくとそのままダイブ…。本作最大の謎とも言えるのは、果たして彼は何を思い、卒業間際の生徒を人質に取ったのかという点。菅田の熱演とともに、この“事件”が迎える最期を見届けたい。(文:スズキヒロシ)

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介