『耳をすませば』で14歳の高橋一生の声 ファンが興奮した場面とは

映画
高橋一生、ミュージシャンの弟とは「父親が違う」 複雑な家庭事情が明らかに
高橋一生  クランクイン!

 11日放送の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系/毎週金曜21時)の中で、スタジオジブリ制作のアニメ作品『耳をすませば』がオンエア。高橋一生の“声変わり前”の貴重な声にファンが沸いている。

 1995年に公開された『耳すま』は、読書好きな中学3年生・月島雫と、彼女に想いを寄せ、バイオリン職人をめざす少年・天沢聖司の恋の物語。

 聖司の声を演じた高橋は公開当時14歳。声変わり前のまだあどけない声にファンは、「高橋一生の声まじきゃわいい」「少年時代からいい声!!」「本当にかわいくて癒される」「声変わりする前の高橋一生ってワードだけでご飯3杯はいける」と大喜び。

 物語は、雫が、父の勤める図書館で借りた本の読書カードに「天沢聖司」という名前を見つけることから始まる。ほかの本の図書カードにも同じ名前が記されていることに気づいた雫は、どんな人なのか思いを馳せる。

 夏休み。本を学校に忘れた雫が引き返すと、見知らぬ男子生徒が雫の本を読んでいた。彼は「ほらよ、月島雫」と本を手渡すとそそくさと立ち去る。「名前、どうして?」と雫が尋ねると、「さて、どうしてでしょう?」と問い返す。

 この「さて、どうしてでしょう?」の一言にファンは興奮。「めっちゃ高橋一生を感じた」「さて、どうしてでしょう に高橋一生みを感じた」「あー確かに高橋一生さんの感じ」と納得していた。

 雫はのちに、例の少年が「天沢聖司」であることを知り、2人は互いに惹かれ合う。ある朝ふと目が覚めた雫。窓を開けると、自転車に乗った聖司が待っていた。雫は、坂道を全力で漕ぐ聖司の後ろに乗り、おでこを背中につけて「会いたかった…」と語る。

 これにもSNS上は歓喜。「高橋一生の趣味が自転車だしもうこれ実質高橋一生」と思い込むユーザーや、「もう何沢聖司でもいいので誰か私を自転車の後ろに乗せて坂を登ってください…」とリクエストする者も。だが「窓開けても自転車乗ってる天沢聖司はいなかった、、、」と現実世界に引き戻される視聴者もいた。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介