鈴木拡樹、『映画刀剣乱舞』で共演の山本耕史が「目指したい俳優」

映画
鈴木拡樹『映画刀剣乱舞』インタビュー
鈴木拡樹『映画刀剣乱舞』インタビューカット クランクイン!

 「三日月宗近は、地球から見える、明るく照らされた美しい月のようだと思っています。裏側はどうなんだろうと想像させる、すべてを開かない魅力を持っている」と穏やかに話す鈴木拡樹。2.5次元舞台に欠かせない人気俳優であり、舞台版『刀剣乱舞』で三日月宗近を好演してきた。初の実写映画化である『映画刀剣乱舞』でも同役を演じる鈴木が、刺激を受けたという山本耕史との共演などを振り返り、“三日月宗近以外の役を演じるなら?”との質問にも答えた。

 オンラインゲームとしてスタートし、数々のメディアミックス展開がされている「刀剣乱舞」は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた刀剣男士たちが歴史を守るために戦いを繰り広げる。映画版の舞台は本能寺の変。刀剣男士を、鈴木を筆頭に2.5次元の舞台やミュージカルで活躍する俳優たちが演じ、織田信長には山本耕史が、羽柴秀吉には八嶋智人が配された。

 「映像化されることによって、見える世界が全然違いました。リアルな戦場が映し出されることで、人ならざるものである刀剣男士の存在も浮かび上がる。舞台とはまた違う発見がありました。三日月宗近に関しては、本丸でのありかたや、審神者(さにわ)との関係性が舞台版とはだいぶ違っています。映画版の三日月宗近はとても深い愛でできていて、裏側を見せない美しい月でありつつも、意外なほどに感情を出しています」と振り返る鈴木。

 そしてガチンコシーンも多かった山本から大きな刺激を受けたそうで、「これまで、憧れや目指したい俳優さんというのは特別いなかったんです。人の後を追っていてもダメだと思っていたので。でも今なら山本耕史さんと答えます」と言い切る。

 「物語の核心に迫る重要な場面からクランクインしたのですが、前日、山本さんにご飯に連れていっていただいたんです。それがなかったらもっと緊張した状態で本番を迎えることになっていたと思います。撮影が終わってからもご飯に誘ってくださって、相談に乗っていただいたり。こんなにかわいがってくださる先輩は初めてでした」。

 本編でもっとも気に入っているのも、山本とのシーンだ。「刀剣男士は歴史を守るために戦っているわけですが、そうなると自分たちが守っている歴史とはなんだろうと、一度は考えると思います。信長との最後のシーンでは、映画版の三日月宗近だから導き出した答えを口にします。その言葉が、とても響きました」。

 目の前の鈴木は、柔らかな物腰に、品の良さを感じさせ、その姿はそのまま三日月宗近に重なるが、あえてほかの刀剣男士になれるならば誰になりたいか尋ねると、「選ばせていただけるなら、日本号とか、映画版には出ていませんが、岩融(いわとおし)とかが気になるかな。自分にはやれそうにないタイプなので、楽しそうだなと思います」と答えてくれた。

 2.5次元にとどまらない活躍を見せている鈴木。自身がMCを務める番組「2.5次元男子推しTV」はシーズン3に突入、清原翔とW主演を務めるドラマ「虫籠の錠前」(いずれもWOWOW)、TVアニメ『どろろ』(TOKYO MX他)と舞台『どろろ』では両方で主演百鬼丸を演じる。そんな役者・鈴木拡樹の今年の野望を訊ねると、「そんなに強気に言うつもりはないタイプなので、野望と言われると困りますが(苦笑)」とらしさを覗かせながら続けた。

 「いろんなものに触れながら、役者として長くやっていきたいです。そのためには多くのことを学び続けなければいけないと思っています。今回の撮影でも、本当にたくさんのことを学ばせていただきました。そうだな、野望としては、この作品をしっかりと観ていただいて、ほかのエピソードも観たいと思ってもらえること。そこでまた未来へとつながるというのが野望ですかね」とほほ笑んだ。(取材・文・写真:望月ふみ)

 映画『映画刀剣乱舞』は全国公開中。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介