池松壮亮『宮本から君へ』映画化決定 ヒロインに蒼井優

映画
映画『宮本から君へ』
『宮本から君へ』キービジュアル (C)2019「宮本から君へ」製作委員会

 漫画家・新井英樹の同名コミックを池松壮亮主演で実写化した『宮本から君へ』が、映画化され2019年秋に全国公開されることが決定。ヒロイン役には女優の蒼井優がキャスティングされた。

 新井英樹の名作漫画を基にする本作は、文具メーカー・マルキタの新人社員で、恋にも仕事にも不器用な宮本浩(池松)が、営業マンとして、人間として成長していく姿を描く青春ドラマ。2018年4月期には池松主演でテレビドラマ化され、第56回ギャラクシー賞テレビ部門「奨励賞」を受賞するなど大きな反響を呼んだ。ドラマでは、主人公の宮本浩が営業マンとして奮闘する姿に焦点を置いた“サラリーマン篇”が描かれたが、劇場公開される映画では、宮本浩と蒼井演じる中野靖子を中心にした“極限の人間賛歌”が描かれるエンターテイメント作品になっている。松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治らドラマ版のキャストが再集結するほか、映画版の新たなキャストも登場。監督・脚本は、『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が務める。

 ドラマに続き、主人公の宮本浩を演じる池松は「この原作が手元に来てから、随分と時間が経ってしまったような気がします」と語ると、続けて「ボロボロになるまで読み漁ったこの偉大な原作の力をお借りして、時代の変わり目に強烈な人間賛歌を残すべく、身も心も捧げたつもりです」と心境を吐露。そして共演の蒼井について「蒼井さんとは『斬、』から立て続けの共演となりますが、今度は宮本と靖子として、物語の中の人生の試練を共にする事が出来たと思っています。その存在にいつも救われました」とコメント。さらに本作については「生きてゆく覚悟、信じる覚悟、そして人生を感じるような映画になるんではないかと期待しています」と語っている。

 一方、ヒロインを演じる蒼井は撮影について「全身で感情をぶつけ合うシーンの連続だった為、撮影3日目には既にヘトヘトでした」と苦労を語ると、続けて「こんなに早く疲弊した現場は初めてです」と一言。さらに「共演者の皆様と労り合い、励まし合い、スタッフの皆様に助けていただき、なんとかクランクアップすることが出来ました。こんなに高カロリーな作品はなかなか無いと思います」と自信をのぞかせている。

 映画『宮本から君へ』は、2019年秋全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介