『時効警察』12年ぶり復活! オダギリジョー&麻生久美子からコメント到着

エンタメ
『時効警察』
オダギリジョー×麻生久美子『時効警察』が12年ぶりに復活 (C)テレビ朝日

 俳優のオダギリジョーと女優の麻生久美子が共演し、2006年1月期と2007年4月期に放送され高視聴率を記録したドラマ『時効警察』が12年ぶりに連続ドラマとして復活することが決定。主演のオダギリは「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、高齢化したキャスト&スタッフ手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたいと思います」と語っている。

 本作は“時効成立事件”にスポットを当てながらも、オダギリ演じる時効事件を趣味で捜査する男と麻生演じる助手のやり取りや、シュールな小ネタをコミカルに描く脱力系コメディーミステリー。2019年に放送される新シリーズでは、オダギリ演じる主人公・霧山修一朗が出向先のFBIから、再び総武署の時効管理課へ。殺人などの重大事件の時効が廃止された現在、以前よりもさらに窓際部署となってしまった時効管理課を舞台に、霧山は趣味の時効事件の私的捜査を再開する。

 主人公のオダギリと共に、本作に帰ってくるのは、助手の三日月しずか役を務める麻生。麻生は新シリーズ始動について「まさか実現しないと思っていたので、この発表で現実になることに驚きを隠せません」と一言。さらに「私も12年分の年齢を重ね、“三日月しずか”もより残念さが増しているであろうことに不安が募りますが、怖いもの見たさと大好きなキャラクターをまた演じられる喜びで嬉しいような恥ずかしいような複雑な気持ちでおります」とコメント。

 メイン監督は、これまでシリーズを牽引してきた三木聡が務め、他にも気鋭のクリエイターが集結し、新時代の『時効警察』を作り出していく。

 また、新シリーズには、おなじみのキャストに加えて新キャラクターも登場するとのことだ。

 ドラマ『時効警察 2019』(仮)は、テレビ朝日系にて2019年放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介