<18年1月期ドラマ総括> 松本潤『99.9』と木村拓哉『BG』が視聴率争い

エンタメ
2018年1月期ドラマ総括
(左より)広瀬すずの『anone』、石原さとみの『アンナチュラル』、深田恭子の『隣の家族は青く見える』など、女優陣が主演を務めた作品も話題を集めた  クランクイン!

 “平成最後の年末”である2018年の年の瀬。今年のテレビドラマを振り返ってみると、社会現象を巻き起こした作品や話題をさらったものも多かった。そこで、今回は1月期(2018年1~3月)から、注目を集めたドラマを振り返ってみたいと思う。

 話題作がズラリと並び、視聴率争いも激化した2018年1月期。中でも注目は、嵐の松本潤が主演した人気作の第2弾『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS)と、木村拓哉が主演した『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日)のジャニーズ視聴率対決だ。

 『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』は、松本が超型破りな弁護士・深山大翔を演じ、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘と共に、99.9%有罪と思われる事件に真実を求めて追求していくドラマ。事件の真実を執念とも言える調査で明かしていく謎解き的楽しみはさることながら、個性豊かなキャラクターとギャグをふんだんに入れた軽快な脚本が広く支持され、『相棒』を抜いて平均視聴率は17.4%で1位を獲得。優秀な弁護士ながらも、かなりの変わり者で真実のためならどこまでも突き進む深山は、松本にとって当たり役とも言える役柄となった。

 一方の『BG~身辺警護人~』は、木村が『エンジン』以来13年ぶりに脚本家・井上由美子とタッグを組んだ作品。木村が、民間警備会社のボディーガードとなり、泥臭い戦いの日々をリアルに描いて好評を博した。視聴率的には『99.9』に続く15.1%となったが、江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也と共演者も豪華で、濃密な人間ドラマをじっくりと描いたことが高視聴率につながったのだろう。

 1月期にはこのほかにも、亀梨和也が初の復讐劇に挑んだ『FINAL CUT』(関西テレビ・フジテレビ)、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演の痛快コメディー『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ)など、ジャニーズ主演作が多数放送されている。

 人気脚本家による、質の高いドラマが冴えたのもこの1月期の特徴だ。広瀬すずの10代最後の主演ドラマとなった『anone』(日本テレビ)は『Mother』『Woman』で知られる坂元裕二が真実の人間愛を描いたオリジナルストーリー。「ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶…」とニセモノをキーワードに、生きる意味や大切さを重厚に描き、高い評価を得た。

 また、石原さとみ主演、『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子・脚本による『アンナチュラル』(TBS)も名作との呼び声が高い。同作は、石原演じる法医解剖医・三澄ミコトが、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を遂げた遺体から「死」の裏側にある謎や事件を解明していく一話完結型の法医学ミステリー。時事ネタを見事に取り込み、テンポよく、ハラハラドキドキの展開で、多くの視聴者を引きつけた。漫画の実写化や海外ドラマのリメイクなど、なんらかの原作があるドラマが多い昨今において、完全オリジナルで質の高いドラマを完成させた野木の脚本に拍手を贈りたい。ちなみに、ロングヒットを記録している米津玄師の「Lemon」は、同作のために書き下ろされた楽曲。毎話、神がかったタイミングで流れ、物語を盛り上げるのに一役も二役も買っていたことを特筆しておく。

 ネットを中心に大きな反響を呼んだのは、深田恭子と松山ケンイチが主演した『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)。奈々(深田)、大器(松山)夫婦が住む集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、家族や人間関係を描いたドラマで、特に注目されたのは渉(眞島秀和)と朔(北村匠海)の同性愛カップルだ。同性愛の社会的側面に真正面から向き合い、明るく、そしてリアルな悩みを織り込みながら映し出して好感を誘った。さらに、不妊治療や子連れ再婚など、現代ならではの悩みも提示し、多くの視聴者の共感を集めた。(文:嶋田真己)

※文中視聴率は全てビデオリサーチ調べ/関東地区

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介