サンドラ・ブロック、今の最優先は育児 素敵なプロジェクトは「大歓迎」

映画
Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』メイキング
サンドラ・ブロック主演、Netflixオリジナル映画『バード・ボックス』メイキングの様子

 ひところに比べると、サンドラ・ブロックをスクリーンで見る機会が減った。2018年は『オーシャンズ8』があったものの、その前はなんと2013年の『ゼロ・グラビティ』だ。ふたりの養子を引き取って以来、母親業が彼女の最大優先になったせいである。嬉しいことに、Netflixが世界配信する『バード・ボックス』は、すべての条件がそろい、主演がかなった。

 最初から最後まで緊張感たっぷりのSFホラー。ある日、人が次々、自分に害を与える行為に走り、命を失うという異常現象が起こる。それを見てしまった人もまた同じことをし、世界中で人が自殺するパニックが起こるのだ。

 その5年後、主人公マロリー(サンドラ)は、ふたりの小さな子どもを連れ、舟でどこかへ逃亡しようとしている。旅立ちの前、彼女は、「何があっても絶対に目隠しをはずすな」など、子供たちにいろいろ言って聞かせるのだが、その口調は、子役が泣いてしまったのではないかと想像してしまうほど、きつく、厳しい。

 「母親なら誰だって、子どもたちの命を守るためなら、あんなふうになるものよ。ああいうシーンの前、私は子役たちに、『これからやることの中で、私は、私本人じゃないからね。大きな声で喋るし、あなたの手をこんなふうにつかんだりもするわ。だけど、それはただのお芝居だからね』と説明したわ。リアクションが不自然になったら困るから、練習はあまりできなかったけれど、ありがたいことに、あの子たちは優秀だった」。

 事件発生当時、マロリーは妊娠中だった。幸い、ある家にかくまってもらえることになると、そこにはもうひとり、オリンピアという名の妊婦(『パティ・ケイク$』のダニエル・マクドナルド)がいた。オリンピアはマロリーを慕ってくるが、マロリーが最も親しくなるのは、黒人男性のトムだ。トムを好演するのは、『ムーンライト』で大ブレイクしたトレバンテ・ローズ。ほかの“住人”も、ジョン・マルコヴィッチやジャッキー・ウィーヴァーのような大ベテランから、『ゲット・アウト』にユーモアを添えたリルレル・ハウリー、『アリータ:バトル・エンジェル』の主演に抜てきされたローサ・サラザールまで、実に幅広く、魅力的だ。

 「共演者を決める上では私にも発言権があったのだけれど、スサンネ・ビア監督のチョイスはみんなすばらしくて、『イエス』ばかり言うことになったわ。一見、誰にもどこにも共通点がなさそうなのに、私たちはすぐに気が合った。スサンネは、才能はもちろん、性格も優れた人を選んでくれたのよね。たとえば、私がものすごく暗い気分でいなければいけないシーンの撮影中、外の雑音のせいで気が散ってしまい、私の気分がすっかり滅入ってしまったことがある。すると、ジョンが近づいてきて、何を言うのかと思ったら、黙って、長い間、優しく抱きしめてくれたの。彼の腕を離れた時、私はまた、必要とされていた感情に戻っていくことができた」。

 撮影現場には、わが子も連れて行った。今の彼女にとって、仕事を受けるかどうかの決め手は、スケジュールやロケ場所などが子どもたちにとって良いかどうかだ。ダークな今作の後はコメディができたらいいなと思ってはいるが、あくまで漠然とした気持ちで、積極的に探してはいない。

 「『次はどんな映画をやりたいですか?』とよく聞かれるけれど、その答えはない。今の私は、お弁当の用意や学校の行事などで頭がいっぱいだから。それでも、もし何か素敵なプロジェクトが突然現れて私を驚かせてくれるようなことがあれば、大歓迎よ」。(取材・文:猿渡由紀)

 『バード・ボックス』はNetflixにて本日より全世界同時配信。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介