16歳の美少女・池間夏海、中島健人に「緊張しちゃいました」

映画
映画『ニセコイ』に出演する池間夏海
映画『ニセコイ』に出演する池間夏海  クランクイン!

 「週刊少年ジャンプ」史上、最長連載ラブコメを実写映画化した『ニセコイ』。極道一家の一人息子・一条楽(中島健人)とギャング組織の一人娘・桐崎千棘(中条あやみ)が、組織の抗争を鎮めるために偽物の恋人=ニセコイを演じることになるハイテンションストーリーで、それぞれに“脱王子”と“脱清純”を掲げた中島と中条が弾けまくる本作。そこに一服の清涼剤のように、どこまでも清純無垢な美少女として爽やかな印象を残すのが、小野寺小咲役の池間夏海だ。

 「少年コミックが好きで、『ニセコイ』も元々読んでいたんです。お父さんや弟も読んでいたので、『え? あの小野寺をやるの?』と言っていました(苦笑)。自分でも、『私があのかわいい子をやるの?』と思いましたし」と苦笑いの池間だが、本編ではアシンメトリーな髪型もバッチリ再現。何より重要な“清純無垢な美少女”小野寺小咲に意義なしの魅力を振りまいている。

 池間自身は現在16歳の現役高校生。現場では最年少だった。

 「撮影のときには15歳でした。皆さん、年が上なのは分かっていたので、緊張しましたが、気さくに話しかけてくださってうれしかったです。中島さんはすごく真摯な方。テレビで見たままの王子様です。台本の読み合わせのときに初めてお会いしたのですが、中島さんがお茶をいれてくださって、『どうぞ』って! 中島さんが私にお茶を! って余計に緊張しちゃいました」と初対面の際のエピソードを思い出して苦笑い。

 中条とは2人だけに通じる謎の遊びをしていたとか。

 「本当にキレイな方だなぁと見とれてしまいましたが、実際に話してみたらすごくフレンドリーに接してくださるんです。たぶん私の表情が硬いときがあって、それで中条さんが始めてくださったのだと思いますが、撮影中、パッと2人で目が合うと、両手で楕円型を作って、『アーモンド!』ってニコっとするのが流行っていました。こうして改めて口にすると謎ですが(笑い)、でも、2人だけの暗号というか、合図というか、すごく楽しかったですし、それで緊張がほぐれました」と先輩の気遣いに感謝している様子だ。

 しかし本編では、楽と千棘、そして小咲は恋の三角関係に。小咲も本当に良い子のため、観客は楽が誰とカップルになってほしいか迷ってしまうところだが、池間は楽と千棘の関係に憧れるそう。

 「『ニセコイ』を観ると、こういうのもアリだなって感じます。最初は好きじゃないというか、むしろ嫌いなんだけど、どんどんお互いの良さを知っていって、いつの間にか…というのに憧れます」と照れ笑い。

 ちなみに楽は幼い頃に初恋の女の子からもらった錠のペンダントを大切に持ち続けている。池間にも、楽のペンダントのように、大切にしているモノがあるか訊ねるとこんな答えが返ってきた。

 「この春から高校進学とともに沖縄から上京したのですが、そのときに地元の友達が私に書いてくれた色紙の寄せ書きやメッセージカードがあるんです。ほかにも沖縄にいたときの手紙などを、箱に仕舞って持ってきました。写真付きで作ってくれたりしていて、みんなの気持ちがこもっている、本当に大切なものです」。

 一緒に上京した宝物をパワーに、これから東京で大きくなっていくだろう池間。まずは『ニセコイ』での好演をチェック。「甘ずっぱいキラキラした映画とはまた違う、ポップコーンのような、スタック菓子のような、はちゃめちゃなラブコメです。小咲役としては、楽の妄想の中での弾けっぷりも楽しんでほしいです」。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)

 映画『ニセコイ』は12月21日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介