新垣結衣の退職願&名ゼリフに視聴者が共感『獣になれない私たち』最終回

エンタメ
【作品以外NG】※レタッチ済 『獣になれない私たち』トークイベント&完成披露試写会 20181007
『獣になれない私たち』に出演する新垣結衣  クランクイン!

 女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がダブル主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の最終回が12日に放送され、晶(新垣)が会社で退職願を提出し放ったセリフに、視聴者から「名言すぎる」「めっちゃ響いた」「晶よく言った!」「めちゃくちゃ切実」などの声がSNSに寄せられた。

※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

 傷ついた心のまま一夜を共にした晶(新垣)と恒星(松田)は、お互いの気持ちが分からずモヤモヤしていた。5tapでちゃんと向き合って話そうとした2人だったが、晶を心配した松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)がやって来たり、京谷(田中圭)が訪ねて来たりと大混乱。さらに呉羽(菊地凛子)は収束しないバッシング記事やネットの悪評にケリをつけるため謝罪会見を開くことに。晶と恒星は呉羽の会見を見守るのだが…。

 呉羽の謝罪会見を見届けた晶は、2日ぶりに出社。朱里から預かっていた退職届を九十九(山内圭哉)に差し出した晶は「社長は私たちをどう思っていますか?」と質問。それに対して九十九は「どうって、社員やろ?」と一言。それに対して晶は「社長の怒鳴り声は恫喝です…。矢継ぎ早の命令も追いつけません」と冷静に返答。いら立つ九十九に対して晶は「一方通行の関係はしんどいです…」と言葉を紡ぐと、ジャケットの内ポケットから自身の退職願を提示する。このシーンに対してネット上には「嬉しくて涙出た」「やっと出せた、偉いよ晶!」「拍手喝采」などの反響が。

 突然の退職願に戸惑う九十九をよそに、晶は意を決した表情で「自分を殺して、本当に死んでしまう前に、辞めます」と宣言。このセリフに対して視聴者からは「名言すぎる」「めっちゃ響いた」「晶よく言った!本当にそうだよ」「この言葉に背中を押される人が沢山おることを願う」「めちゃくちゃ切実。泣いた」などのツイートが殺到。さらに一部の視聴者からは「少しでも自分が納得できる方へ動くのもやっぱり大切だなと感じた」「過去に働いた職場と重なった。重圧に耐えて苦しんで働き続けるなんて絶対ダメ!!」「ブラック企業で働いている人は心に留めておいてほしい言葉」といった共感の声がネット上に多数寄せられた。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介