欅坂46&けやき坂46、新メンバー10名がファンの前で初パフォーマンス

エンタメ
【二次使用不可】欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生「お見立て会」
欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生「お見立て会」

 「欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生『お見立て会』」が10日、東京・日本武道館にて行われ、欅坂46二期生の9名、けやき坂46三期生1名の合計10名が、ファンの前に初登場。パフォーマンスを披露し、握手会も開催した。

 この日、登壇したのは、欅坂46二期生である井上梨名(いのうえ りな・17歳)、関有美子(せき ゆみこ・20歳)、武元唯衣(たけもと ゆい・16歳)、田村保乃(たむら ほの・20歳)、藤吉夏鈴(ふじよし かりん・17歳)、松田里奈(まつだ りな・19歳)、松平璃子(まつだいら りこ・20歳)、森田ひかる(もりた ひかる・17歳)、山崎天(やまさき てん・13歳)の9名と、けやき坂46三期生・上村ひなの(かみむら ひなの・14歳)の合計10名。

 司会のお笑い芸人・オテンキのりの呼び込みで、10名が1人ずつ次々と登場し、それぞれが自己紹介したほか、特技も披露。サックス(関)、ダンス(武元)、歌(松田)、和太鼓(森田)と独自のカラーを出し、ファンを沸かせた。

 続けて、さらに個々の個性を引き出す、「教えて十人十色」のコーナーへ。事前のアンケートを基に、一人一人がトークを展開した。「ドジっ子です」(井上)、「渡辺梨加さんに憧れてアイドルを目指しました」(関)、「滋賀県出身なので滋賀県の魅力を発信したい」(武元)と続き、「20歳なんですけど、年下の子の方がお姉ちゃんに見えるって言われる」(田村)、「大食いです」(藤吉)と自己紹介する新メンバーたち。

 さらに元銀行員という経歴を持つ松田は「(応募のきっかけは)お姉ちゃんが応募した」、「泣き虫で、さっきも舞台裏で泣いちゃってた」(松平)、身長が149.8cmの森田は「(自分を一言で表すと)小さい」、最年少13歳の山崎は「(アイドルを目指したきっかけは)直感。欅坂46に入らなきゃって思いました」と臆することなくコメント。けやき坂46唯一の二期生となる上村は「(挨拶をしたとき印象に残った先輩は)加藤史帆さん。スキンシップを多く取ってくださった」とそれぞれがファンの前でまだ見ぬ一面を見せた。

 イベント後半では、いよいよ10名がファンの前で初パフォーマンス。1曲目、欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』を藤吉がセンターを務めて披露し、続けて、けやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』を上村のセンターで堂々と見せた。2曲が終わったところで、松田が代表して、「今日はお忙しい中、私たちのお見立て会にお越しいただき、ありがとうございます」と挨拶し、「初めてのステージが、こんな素晴らしい日本武道館で開けることにすごく感謝しています」と感激のコメント。最後に『W‐KEYAKIZAKAの詩』をそろって歌い上げた。

 全てのパフォーマンスが終わると、一人一人が感謝の挨拶を述べ、お見立て会を締めくくった。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介