三浦春馬、家でもハイヒールを履いて掃除 真摯な役作りにファン称賛

エンタメ
『第28回日本ジュエリー ベストドレッサー賞』20170124
三浦春馬  クランクイン!

 俳優の三浦春馬が、7日放送の『あさイチ』(NHK/月~金朝8時15分)に登場。ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』に出演した際の知られざる努力を語った。

 同作は、2016年に俳優の小池徹平と挑んだ主演舞台。三浦は女装したパフォーマー・ドラァグクイーンのローラ役として、ミニスカートにハイヒールでステージを歌い踊った。同作は2019年の再演も決定している。

 2013年、ブロードウェイで初演された同作をちょうど現地で鑑賞していたという彼は、「日本でオーディションの機会があったら勝ち取りたい」と心に秘めていたそう。3年後、日本に初上陸した同作のオーディションで見事ローラ役を射止めた。

 その際、ドラァグクイーンとして、体が細いだけだと美しい曲線は表現できないと、上半身や足も鍛えたと語った三浦。また、それまでダンスは嫌いだったというが、「ダンスもお芝居」ということを、「地球ゴージャス」の舞台に出たときに実感し、必死に練習に打ち込んだという。

 そんな三浦が劇中で履いていたのは15センチはあるというハイヒール。博多大吉から「どう慣らしたのか」と聞かれると、彼は「稽古に入る前から、家でハイヒールを履いて」と言及。さらに「ちょっと変な話なんですけど、掃除機かけるときもハイヒール履いていました」と明かすと、周囲は驚き。大吉は、「時々ロケで履くこともある」としながらも「5分ももたない」と語り、「何時間も舞台で歌って踊るって大変なご苦労があったと思います」と、その努力をたたえていた。

 そんな演じることに真っすぐな三浦に、SNS上では「努力家だ。。」「真摯で賢明で熱い人」「やっぱり真面目で男前な人」「三浦春馬くんのストイックさやプロ意識がすごい…」と感心する声が寄せられたほか、「ハイヒールで掃除機をかける画像ください」と、家での三浦の姿に妄想をふくらませる視聴者もいた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介