上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星とキス寸前!『L・DK』ポスター解禁

映画
『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』
『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』ポスタービジュアル (C)「2019 L・DK」製作委員会

 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が共演の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』より、ポスタービジュアルが解禁された。また挿入歌は、今年“超新星”からグループ名を改めた韓国の男性ダンスヴォーカルグループ・SUPERNOVAの「Everytime」に決定した。

 本作は累計発行部数1000万部を突破した人気少女漫画『L・DK』が原作。2014年にも実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会現象となったこの作品が、新キャストと三角関係を描くストーリーで再び映画化された。

 高校3年生の西森葵(上白石)には学校のみんなに言えない秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合い、同居していること。葵は柊聖の家でボヤ騒ぎを起こして部屋をダメにしてしまい、柊聖は葵の家で暮らすことに。そんな中、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやって来た。同居の秘密はあっさりバレ、葵と柊聖を引き離そうとする玲苑と、まさかの3人同居が始まる!?

 ポスターには、葵が柊聖と玲苑から“キス”寸前まで迫られる姿が描かれている。柊聖の「スキでいろよ。」、 玲苑の「スキにさせてやる。」というキャッチコピーが波乱の三角関係の幕開けを予感させる。葵の髪をなでながらキスしようとする柊聖に対し、葵のあごを持ち上げ目線を合わせさせてキスしようとする玲苑。タイプの違う2人のイケメンに迫られるという全女子の妄想をかきたてるポスターとなっている。

 さらに本作の代名詞“壁ドン”も健在。ポスター下部には壁ドンする柊聖と玲苑、そしてそれに戸惑う葵の姿も写し出されている。

 挿入歌となる「Everytime」はSUPERNOVAにとって初のバラード曲で、本作のために書き下ろされた。SUPERNOVAは「挿入歌を担当させて頂けて光栄です! 日本の少女マンガは、すごく人気があり、その中で『L・DK』は ”ピュアなラブストーリー”ということでドキドキする毎日を想像しながら歌わせてもらいました」とコメントしている。

 映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は2019年3月21日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介