今夜『リーガルV』米倉涼子が突如姿を消す… 速水もこみちゲスト出演

エンタメ
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話
『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話場面写真 (C)テレビ朝日

 女優の米倉涼子が主演を務める木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第8話が今夜放送される。今回は、「京極法律事務所」を率いる小鳥遊翔子(米倉)が突然姿を消し、事務所が解散の危機に直面。速水もこみちが幼少期に貧困で苦しんだ経験を持つNPO法人の代表という役どころでゲスト出演する。

 本作は、弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所「京極法律事務所」を開かせ、スカウトしたワケあり弁護士やパラリーガルをこき使いつつ、さまざまな訴訟に身を投じる姿を描く。

 「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。至は公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害し、1年前に自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし弁護していた当時から、至の証言に不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感し、それを探ろうとしていた。

 弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまう。翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれる…。

 一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。そんな中、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃する。

 木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話は、テレビ朝日系にて今夜12月6日21時放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介