上白石萌音×山崎紘菜W主演『スタートアップ・ガールズ』2019年公開

映画
映画『スタートアップ・ガールズ』
映画『スタートアップ・ガールズ』にW主演する上白石萌音&山崎紘菜 (C)2018KM‐WWORKS Ltd., All rights reserved.

 女優の上白石萌音と山崎紘菜が初共演にしてダブル主演を果たす映画『スタートアップ・ガールズ』が2019年に公開されることが決定。すべてが真逆な主人公2人の性格をうかがわせる、ツーショットの劇中写真も併せて解禁された。

 日本初の“スタートアップ”をテーマとした本作は、大学生にしてIT×医療で起業を目指すひらめきの自由人・小松光と、大企業に勤め起業家への投資をするキャリア志向の女性・南堀希という、性格も服装も仕事に対する考え方も真逆な2人がぶつかり合いつつ、ビジネスパートナーとしてそれぞれの未来を探していく物語。

 大ヒットアニメーション映画『君の名は。』で主人公・宮水三葉の声を担当した上白石が光役を担当し、ファッション誌「JJ」(光文社)でレギュラーモデルとしても活躍する山崎が希に扮する。映画『先輩と彼女』『東京の日』などを手がけた池田千尋がメガホンを取る。脚本は、映画『100回泣くこと』『坂道のアポロン』などの脚本家として活躍する高橋泉。

 光と希のツーショットを捉えた劇中写真では、2人の相反する性格をそのファッションで表現。光を演じる上白石が髪をピンクに染め、同色のジャケットに厚底の靴を身に付けた独創的ないで立ちでいる一方、希に扮する山崎はシャツ、パンツにヒールといったキャリア志向強めの硬い雰囲気を醸し出している。

 上白石は「監督と相談を重ねた奇抜な髪型とファッションで、驚くほど衝撃的な、新たな自分に出会うことができました」と、作品から得た手ごたえを明かすとともに、「この映画も、何かを始めたい方の背中をぐっと押せる作品になっていたらいいなと思います」と語った。

 山崎は自身の役柄について「会社と、はちゃめちゃな取引相手(光ちゃん)の間で揉まれて揉まれて、時には振り回されて、仕事に奔走する女の子なのですが、きっと、働いている方や何かに全力で頑張っている方に、絶対に共感していただける悩みや葛藤がたくさんあると思います」とコメントしている。

 本作の主題歌は、ASIAN KUNG‐FU GENERATIONの楽曲『スリープ』に決定。かねてよりバンドのファンであった池田監督が、若い世代が斬新なアイデアで新しい価値や市場を生み出していこうとする“スタートアップ”のテーマと、「スリープ」で印象的に歌われる歌詞“新時代の胎動”に共鳴したことから、今回の採用につながった。

 映画『スタートアップ・ガールズ』は2019年全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介