高梨臨、『犬神家の一族』でミステリアスなヒロインに

エンタメ
フジテレビ スペシャルドラマ『犬神家の一族』
スペシャルドラマ『犬神家の一族』に出演する高梨臨 (C)フジテレビ

 女優の高梨臨が、NEWSの加藤シゲアキが主演するスペシャルドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系/12月24日21時30分)でヒロインを務めることが決まった。加藤とは初共演となる。

 同名の原作は横溝正史のミステリー小説「金田一耕助」シリーズの中でも、登場人物たちの業に根ざした心情の描写や息をもつかせぬストーリー展開で知られる傑作で、何度も映像化されており、今回で6度目のドラマ化となる。

 昭和22年、一代で財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大な財産を残し他界した。遺言状は長女・松子の一人息子・佐清(賀来賢人)が戦地からの復員後に発表されることになっているが、佐兵衛の3人の娘とその家族らは対立している。数ヵ月後、犬神家の顧問弁護士の事務所に勤める若林から「血みどろの事件を防いでほしい」との手紙を受け取った金田一耕助(加藤)は、犬神家本宅のある那須湖畔を訪れ、湖で犬神家の養女である野々宮珠世(高梨)の乗ったボートが沈みかけているのを目撃する。珠世は犬神家の下男・猿蔵に救出されるが、ボートには細工がされており、珠世が何者かに狙われたのはこれで3度目。その後、若林が毒殺される。そんな中、戦地で顔に大けがを負った佐清がゴムマスク姿で帰ってきた。遺言状は金田一の立ち会いのもと公開されることに…。

 ヒロインの珠世は、20歳を迎える前に両親を亡くした後、犬神家の当主・佐兵衛に溺愛され養女となった絶世の美女。頭が切れ、勘も鋭い女性だが、他人に自らの本心を明かさないミステリアスな面を持っており、次々に起こる事件のカギを握る難しい役どころとなる。

 高梨はこうした役柄について「今までも映像化されている作品なので、また新しい珠世を演じられれば。珠世は多くを語らないからこそ、心に猛烈な感情を秘めている。孤独であり、そして、凛(りん)とした存在感が出せれば良いなと思っています」とコメント。先日クランクインを迎えての思いを聞かれると、「セリフが少ないからこそ、歩き方や、一つの目線でいろんな意味がでてくるので、1カット1カット、丁寧にやっていきたい」と話し、「いい緊張感を持ちながら、みなさんに楽しんでいただけるミステリーを届けたい」と意気込んでいる。

 スペシャルドラマ『犬神家の一族』は、フジテレビ系にて12月24日21時30分放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介