本田翼&岡山天音がシェアハウス!『ゆうべはお楽しみでしたね』でW主演

エンタメ
『ゆうべはお楽しみでしたね』
『ゆうべはお楽しみでしたね』にW主演する(左から)本田翼、岡山天音 (C)金田一蓮十郎/SQUARE ENIX (C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)「ゆうたの」製作委員会・MBS

 女優の本田翼と俳優の岡山天音が、2019年1月スタートのドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)でダブル主演を務めることが決定した。

 本作は、金田一蓮十郎の同名コミックを実写ドラマ化したラブコメディ。オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』をモチーフにした、ゲーム内で女子キャラクターに扮していたオタク男子と、男子キャラクターを使っていたギャル系女子が、ひょんなことから現実世界で始めたシェアハウス生活を、コミカルに描いていく。

 オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』内で仲良くなったゴローさんとシェアハウスすることになった、さつきたくみ(岡山)。シェアハウス開始当日、駅の待ち合わせ先で立っていたのは、ゲーム内のキャラとは似ても似つかないギャル系女子のおかもとみやこ(本田)だった。オタク男子のたくみは、最も苦手なギャル系女子とシェアハウス生活をすることになってしまい…。

 ゲーマーとしても知られる本田は、以前から金田一のファンで、原作コミックも読んでいたそうで「オファーを頂けた際は本当に嬉しかったです」と一言。さらに自身の役柄について「職業・ネイリストのキラキラとしたギャル系女子なので、メイクや服装、立ち振る舞いなどはかなり研究して演じています」と語った。

 オタク男子・たくみを演じる岡山は本作について「ドラクエに触れたことがない人でも自分を重ねて楽しんでもらえるストーリーになっています」と語ると、続けて「僕が演じるさつきたくみはごくごく普通の男子で、皆さんに共感してもらえるキャラクターになればという願いを込めて演じています」と明かした。

 ドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』は、MBSでは2019年1月6日より毎週日曜24時50分放送。TBSでは2019年1月8日より毎週火曜25時28分放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介