気鋭監督による心理スリラー、撮影の苦労は犬!? 「13歳の老犬で…」

映画
『イット・カムズ・アット・ナイト』
『イット・カムズ・アット・ナイト』トレイ・エドワード・シュルツ監督 (C)2017 A24 Distribution,LLC

 アカデミー賞受賞作品『ムーンライト』を世に送り出した映画会社A24と、青春ホラー『イット・フォローズ』製作陣がタッグを組んだ心理スリラー映画『イット・カムズ・アット・ナイト』。実力派俳優ジョエル・エドガートンが主演する本作で、監督・脚本・共同編集を務めた1988年生まれの新鋭トレイ・エドワード・シュルツ監督に、作品の基となった自身の経験や、ジョエルとの仕事、撮影で苦労した点などを聞いた。

 本作は、長編デビュー作『Krisha(原題)』が全米のインディペンデント映画賞を多数受賞し、鬼才ジョン・ウォーターズにその手腕を絶賛されたたシュルツ監督によるスリラー。夜やってくる“それ”の感染から逃れるため、森の奥でひっそりと暮らす一家。父・ポール(ジョエル)は、妻と17歳の息子・トラヴィスを守るという強い使命感により生きていた。そこに、助けを求めて来た新たな家族が加わり、2つの家族は共同生活を送り始める。ある晩、閉められていたはずのドアが開いていたことが発覚。外から迫る、姿が見えない“それ”の恐怖に耐え続け、家の中には相互不信と狂気が渦巻く。

 本作はシュルツ監督自身の経験が基になっているというが、登場するキャラクターにモデルはいるのだろうか。「自分の義父と実の父親をミックスしたものがポールというキャラクターになっていて、トラヴィスは僕を反映している部分が多い」と監督。映画を学ぶために学校を中退したシュルツ監督は、実家で暮らした期間が長かったといい「義父と一緒に何年も住んでいて、すごく閉塞感を感じていたんだ。だから精神状態が『イット・カムズ・アット・ナイト』のあの状態だったんだよ。世の中に対する見方が義父と自分では違っていて、それがポールとトラヴィスの視点としてそれぞれ反映されている」と明かす。ポールは家族を守ろうとするあまり、徐々に感情が暴走していくが、作品のテーマについて「自分の家族を守るのはどういうことなのか、やりすぎの線はどこにあるのか、自分の家族を守るためにどこまで人間性を失っていいものか、そういった問題提起をしたかった」と語る。

 前作『Krisha(原題)』のキャストは監督自身の家族だったが、本作では初めてプロの役者を起用。主演のジョエルはシュルツ監督の才能を見込み、本作の製作総指揮も務めているが、ジョエルとの仕事について聞くと、「素晴らしいコラボレーションのできる人」と絶賛する。「自分が出演しているシーンや自分の芝居だけでなくて、このシーンがストーリー全体の中でどういう位置づけなのか、どういう関係性なのかとストーリー全体を意識しながら芝居をしてくれて、いろんなアイディアを提案してくれる」と心強さを語る。

 撮影で苦労した点を聞くと、資金面やロケに加え、「犬の演出」という回答が返ってきた。ポールの一家には飼い犬がいるのだが、なんでも撮影では現場に13歳の老犬が連れてこられたそう。「森の中を走らなければいけないシーンなのに、よたよたと森の中を歩いていくわけだ。なんで13歳にもなる犬をこんなシーンに連れて来たんだって、僕は一瞬カチンときたのだけど(笑)」と思わぬ苦労があったようだ。結局ダブルの犬を使って撮影されたそうだが、今度の犬は元気すぎたため、ロープで制御するのが大変だったとか。

 『イット・カムズ・アット・ナイト』は「れっきとしたホラー映画や、ハラハラする恐怖映画ではない。いろいろ考えさせる映画で、観客が観てそれぞれに解釈してくれれば僕にとっては嬉しい」と話すシュルツ監督。日本で公開されることについて、「行ったこともない日本という国で自分の映画が公開されるというのは、にわかには信じがたい状況ですが、今、そういう状況が起こっているということに感動しています」とメッセージを寄せてくれた。(文・川辺想子)

 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は全国順次公開中。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介