岡田結実、主演ドラマ『私のおじさん』で妖精役・遠藤憲一と共演

エンタメ
テレビ朝日 金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』
金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』ビジュアル (C)テレビ朝日

 女優の岡田結実が、2019年1月にスタートする新ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)で主演を務め、妖精役を務める遠藤憲一と共演することが明らかになった。岡田は「私だけでなく、きっと皆さんも心の中に抱えているかもしれない“不満”や“思い”を代弁してくれるという、心に寄り添ってくれるような作品になるのではないかと思います」と話している。

 本作の主人公は、恋に破れ、働き口も無くし、なかばヤケクソになった結果、超過酷なロケで有名なバラエティ番組のADとして就職した女の子・一ノ瀬ひかり(岡田)。ひかりは突如現れた「妖精」を名乗るおじさん(遠藤)と出会い、自分が口に出せない心の声・本音・愚痴をズバズバと垂れ流すおじさんと日々を送っていく。

 岡田は「最初に台本を読んだときに、まず思ったのは『え、妖精? 妖精ってなんだろう』ということでした(笑)。そしてその妖精を遠藤憲一さんが演じられるということを聞いて、そのギャップに『なんて可愛らしいんだろう!』とワクワクしました」とコメント。「まだまだ未熟者で、突っ走っていくことしかできないのですが、仕事で疲れた金曜日に息抜きをできるような、そして『よし、また月曜日からも頑張ろう!』と思えるような、そんな前向きな気持ちになれるドラマになるといいなと思っています」とも話している。

 一方の遠藤は「妖精の役だと聞いて『おおっ?』と思い、だけどおじさんの役だと聞いて『よっしゃ!』と思いました(笑)。“ただの妖精”は難しそうだけど“おじさんの妖精”っていうのは面白そうだな、と、嬉しい気持ちでお受けしたんです」と回想。「結実ちゃんはバラエティ番組でもたくさん目にしますし、まだ18歳だけどとっても大人に見えます。そんな結実ちゃんの第2段階、“女優としての岡田結実ちゃん”がどんな姿を見せてくれるのか、楽しみにしていてください。僕たちも精一杯、頑張ります!」と意気込みを明かしている。

 なお今回、ひかりがADを務めるバラエティ番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』の担当ディレクターで、風貌は不審者、頑固で口が悪い“クソ男”千葉迅役を城田優が演じることも発表された。

 新ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』は、テレビ朝日系にて2019年1月より毎週金曜23時15分放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介