『下町ロケット』尾上菊之助の“闇落ち”で、今夜からの第2章に期待

エンタメ
ドラマ『下町ロケット』で主人公を演じる阿部寛
『下町ロケット』主演の阿部寛  クランクイン!

 11日放送の第5話で、物語の第1章「ゴースト編」がフィナーレを迎えた阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。物語は第2章へ向けて、一旦の大団円を迎えると思いきや、尾上菊之助演じるキャラクターがラスト5分でまさかの“闇落ち”。多くの視聴者を驚かせる事態となった。

 第5話。伊丹(尾上)と島津(イモトアヤコ)が共同経営するギアゴーストは、ケーマシナリーとの特許侵害訴訟・第1回口頭弁論の日を迎える。伊丹、島津、そして佃(阿部)らが見守る中、弁護士の神谷修一(恵俊彰)が新たな証拠を提出し、ケーマシナリーの顧問弁護士の中川京一(池畑慎之介)を攻め立てたる…。

 佃、神谷、伊丹、島津は見事なチームワークで裁判に勝訴。そのまま第1章は大団円を迎えるかと思いきや、島津の口から佃たちに対して、ギアゴーストが、佃製作所のライバル企業のダイダロスと資本提携を結んだことと、島津自身がギアゴーストを退職したという衝撃の事実が告げられる。伊丹は不遇だった帝国重工時代の因縁からダイダロスの代表取締役・重田(古舘伊知郎)とつながり、共同経営者の島津の断りもなく、資本提携を結んだのだった。

 これまで、佃と共闘してきた伊丹は、控えめながらも、端正な顔立ちと落ち着いた雰囲気で、エモーショナルな物語にアクセントを加えてきたキャラクター。そんな伊丹が第5話のラストでは不敵な笑みを浮かべ、帝国重工への復しゅうに着手。過去の因縁によりこれまでのキャラクターから180度ひょう変してしまった。

 そんな彼を演じる尾上は、さすが歌舞伎界の大スターだけあって、表情や身体からみなぎる殺気まで、まるで別人のような佇まい。その変身っぷりは、思わずテレビに向かって「音羽屋!(彼の屋号)」と叫びたくなったほどだ。第1章のラストでまさかの“キャラ変”を遂げた尾上が、第2章でどんな大立ち回りを見せてくれるのか、目が離せない!(文:スズキヒロシ)

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介