織田裕二&小手伸也のコンビに「カッコイイ」の声 『SUITS/スーツ』第6話

エンタメ
織田裕二、小手伸也
(左から)織田裕二、小手伸也  クランクイン!

 俳優の織田裕二主演のドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が12日に放送された。第6話では織田演じるエリート弁護士・甲斐と、小手伸也扮する甲斐にライバル心を燃やす蟹江がコンビを結成。ライバル同士の共闘に視聴者から「いいコンビ!」「二人ともカッコイイ」などの反響が寄せられた。

 甲斐(織田)は、チカ(鈴木保奈美)から、内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)を紹介される。内海は、轟フィナンシャルが手掛けるインドネシアの発電所建設に20億円を投資していたが、建設計画が頓挫してしまったため、資金を回収したいのだという。チカは、蟹江(小手)と組んで対処するよう甲斐に指示する。

 一方、大輔(中島裕翔)はリゾート開発会社『アテナリゾート』社長・藤原一輝(大澄賢也)が持ちかけた案件を担当することに。藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)は、会社の口座から1億円以上を別口座に移していて…。

 甲斐から藤原社長の案件を担当するよう命じられた大輔は、藤原社長の娘・華名の写真を見ながら「大人しそうな子ですけどね」と一言。それを聞いた甲斐は笑みを浮かべて「見た目で判断するな。子犬みたいな顔してヤクの運び屋やってた奴もいる」と皮肉っぽく言い放つと、大輔は冗談めかして「ワン!」と返答。さらに甲斐が「簡単だろ、その子と仲良くなって人生の厳しさでも教えてやれ」と語ると、大輔は寂しそうに「クゥ〜ン」とつぶやく。このシーンに視聴者からは「裕翔くんぐうかわ〜」「可愛すぎて泣きそう」などの反響が。

 大学院生の華名は、環境学を研究するかたわら、父親の会社をハッキングして、1億円以上の金を別口座に移していたことが判明。演じる佐久間由衣の天才ハッカーぶりに視聴者から「佐久間由衣のキャラがパンチ効いてる」「佐久間由衣ちゃんに惚れそう」などのツイートが殺到した。

 第6話では、甲斐と蟹江がバディを結成。しかし甲斐の思惑とは裏腹に蟹江の暴走で形成は不利なまま。しかし蟹江が手に入れた調書が華名の助けで本物ということが証明され、2人は内海会長の20億円の資金回収に成功する。2人のバディとしての活躍に「いいコンビ!」「二人ともカッコイイ」「イケメン蟹江大活躍!」などの声がSNSに寄せられた。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介