太賀、吉田羊との壮絶なやりとりに「“いい殴り合い”ができた」

映画
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀インタビュー
太賀、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』インタビューカット  クランクイン!

 若手俳優は数多くとも、彼の実力、演技力の確かさに異論を唱える人は誰もいないだろう。近年はコメディからシリアスまで、幅広い役柄をこなしている俳優・太賀。そんな彼が主演映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』で、母親との関係性に悩む青年役を体当たりで演じている。

 「原作本を読ませていただいた時に感じたのは、僕は経験したことがないし、新しく経験することもないような、壮絶な人生だということ。歌川さん自身が感じていたであろう痛みや悲しみを自分の実感として体験していく、そのハードルの高さを感じました」。

 出演オファーが来たときの気持ちをこう語る太賀。この映画はブロガー、漫画家、小説家として活動する歌川たいじが、母親との関係を綴った同名コミックエッセイを実写化したものだ。そこに描かれるのは幼少期の母親からの虐待の記憶、そして成長してからもう一度母親と関係性を見つめ直す過程。内容のナイーブさはもちろん、『作者の実体験を演じる』ということのプレッシャーもあったという。

 「でも歌川さんが描かれる絵のタッチに、すごくぬくもりや優しさみたいなものを感じたんですね。そこにこの作品の本質みたいなものがあるんじゃないかなと。演じる上でそれが糸口やきっかけになれるような気がして、『やれるかな』と思いました。あとシンプルに『この作品を映画にしよう』というプロデューサーや監督たちの情熱も、すごく自分を突き動かしましたね」。

 主人公の“タイジ”という役に、まさに全身全霊で挑んだ太賀。今回母親役を演じた吉田羊とも、役柄の関係性を大切にするため、撮影中はほとんど会話をしなかったという。

 「僕個人としては羊さんとお話したい気持ちはめちゃくちゃあったんですけど、意識しすぎて話しかけることができないというか。多分羊さんも、同じような気概でいたんだろうなと。お互いに演じる上で、とても良い緊張感を持ちながらやれたのではと思ってます。だから今、取材の期間中にようやく初めてちゃんと喋ることができてるんですよ。『羊さんだ!』って(笑)」。

 “愛憎”と一言で片付けてしまうにはあまりにも壮絶で、さまざまなものが入り混じった母親とタイジのやりとり。吉田と2人のシーンの撮影を「この例えが正しいのかわからないですけど、いい“殴り合い”ができたんじゃないですかね」と太賀は振り返る。

 そんな張り詰めたような現場だが、救いとなる存在もあった。それはタイジの親友・キミツ役を演じた森崎ウィンだ。トリックスター的な存在のキミツは、閉ざされていたタイジの心を開いていくとても重要な役柄。

 実は太賀と森崎は同じ事務所ということもあり、知り合って12年にもなる仲だとか。しかし、ちゃんとした形での共演は今回が初めてとなる。

 「キミツを誰がやるんだろう、ってすごく気にしていたんです。そこでウィンの名前が挙がった時、ああウィンだったら間違いない、きっと素敵なキミツになると確信しました。実際、撮影中も“キミツ”でいてくれたのですごくやりやすかったです。同世代でキミツができるのって、ウィンしかいないんじゃないかな」。
 
 タイジとキミツの場面には、素の2人がお互い持っている信頼感がにじみ出ているのではないだろうか。そう思えてしまうくらい、彼らのシーンはこの作品における一服の“救い”となっている。

 「タイジが感じるその喜びも悲しみも、出来る限り“嘘”がないように。自分自身も感じながら、表現できたらいいなと思ってました。僕ができることは、それぐらいしかなかったので」。
 
 このシンプルなアプローチが、この作品においてはどれだけ心身を追い込む作業だったことだろう。しかし、だからこそ観る人の心を大きく揺さぶり、親子や家族、友達……さまざまな関係性を改めて問いかけてくる良作となっている。太賀、渾身の作品。その成果をスクリーンでぜひ、確かめてほしい。

 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日より全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介