葵わかな、『劇場版 ダーウィンが来た!』でナレーションを担当

映画
【二次使用不可】(オフィシャル)『劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説』
『劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説』ナレーションを務める葵わかな

 女優の葵わかなが、NHKの人気自然番組を初めて映画化した『劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説』の本編ナレーションを担当し、2019年1月18日に公開することが決定。葵は「個人的にも動物が大好きなので、物語に感情移入しながら楽しんで音入れすることができました」と喜びを見せている。

 本作は、NHK総合テレビで、2006年4月から放送をスタートした『ダーウィンが来た!生きもの新伝説』の500本以上あるアーカイブから、主にアフリカで暮らす動物たちの映像を厳選してまとめたもの。

 これまで、同番組では、灼熱の砂漠から赤道直下のジャングル、極寒の極地など、世界50ヵ国以上を取材してきた。最新機材を駆使して撮影した映像は、世界で初めて観察された生物や動物の生態など、貴重な映像資料としても評価が高い。

 その中で、劇場版用として選ばれたのは、3つの動物家族。群れから追放され、放浪の旅を続けながら、群れの王を目指す「オスライオン」、家族を失いたった1頭で幼い子どもを育てる「メスライオン」、事故で片腕を失った子どもを優しく見守りながら暮らす「ゴリラ家族」。これらの家族が、力強く生き抜く姿と共に、アフリカならではの多彩な環境に合わせ、多様な暮らし方をする珍獣たちもお目見えする。

 葵は、「映画のナレーションが今回初めてだったのでとても緊張しましたが、『ダーウィンが来た!』の世界観を最大限にお伝えすることを心掛けて臨みました。アフリカならではの雄大な大地を舞台に、三つの家族の物語を中心に描かれていて、『家族』の大切さや、日本では見ることのできない生きものたちの魅力がたっぷりと詰まった作品です。ご家族で一緒に楽しめる映画なので、ぜひ、多くの方に映画館で観ていただけたら嬉しいです」と語っている。

 『劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説』は、2019年1月18日全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介