カンヌ受賞、KKK団に潜入捜査した実話描くスパイク・リー監督最新作公開

映画
映画『ブラック・クランズマン』
映画『ブラック・クランズマン』場面写真 (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

 第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したスパイク・リー監督の最新作『BlacKkKlansman(原題)』が邦題を『ブラック・クランズマン』として、2019年3月に公開されることが決定した。

 本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという実際の事件を克明に記録したノンフィクション小説を、リー監督がメガホンを取って映画化。

 1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は初の黒人刑事として採用される。ロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に電話をかけ、入会の面接にこぎつける。問題は黒人のロンがKKKと対面することができない点。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、彼らは2人で 1人の人物を演じて、KKKの内部調査と行動を見張ることに…。

 主人公のロンを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼルがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画デビュー、そして奇しくも同じリー監督作品の本作で主演として脚光を浴びることに。ロンの相棒フリップを映画『スター・ウォ ーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 ‐サイレンス‐』『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。

 監督、脚本、製作のリー監督に加え、製作陣には、映画『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピールが名を連ねている。

 映画『ブラック・クランズマン』は2019年3月全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介