じわじわと人気拡大…ついに4DX上映が実現! 『シャークネード』の軌跡

映画
『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』
『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』場面写真 (C)2018 FELLS POINT PRODUCTIONS,LLC.All Rights Reserved.

 映画『シャークネード ラスト・チェーンソー4DX』が2日より公開される。本シリーズと長く付き合ってきた身としては、いよいよというより、未だに信じられない。なぜなら、一連の『シャークネード』シリーズは、アメリカのケーブルTV局syfy(サイファイ)チャンネルで放送していたテレビ映画。syfyチャンネルは、ホラーやSFなどの作品を得意としており、『シャークネード』は、その中のタイトルのひとつに過ぎず、本国アメリカでも映画館での上映は、一部イベントなど特別な機会のみだった。しかし、ここ日本では単なる上映ではなく、体感型の4DX上映。ただただ驚くばかりである。

 本作は2013年から毎年1タイトルが作られて、これがなんと6作目にして完結編。“竜巻に巻き上げられた大量のサメが空から人を襲う”という、考えそうでだれも考えないであろう発想のもと、スプラッター映画よろしく主人公がチェーンソーを振り回してサメと戦うという作品だ。

 そんな姿が受けに受け、レディー・ガガなどの著名人がこぞってツイートするなど、大フィーバーを巻き起こした。北米で第3弾が放送された時のツイート数は、なんと20億を突破。いかに本作が注目されたかがわかる数字である。ツイートされた内容は、「信じられない」「笑っちゃう」「スゴイ!」といったもので、これまでのサメパニック映画の特徴であった「怖い」や「恐ろしい」という表現は見当たらない。彼らはリビングでピザを片手に、楽しげに観ていたに違いない。いまや『ジョーズ』が作りあげた「サメ映画」=「恐怖」の定義を「サメ映画」=「楽しい」に書き換えんとする勢いなのだ。

 そしてここ日本でも、テレビ放送や動画配信などで一般層にも認知されはじめ、じわじわと人気が拡大。「サメ映画」というジャンルにもスポットが当たりはじめてきている。本作の公開が迫った10月24日には、都内ライブハウスで「東京国際サメ映画祭」による公開記念トークイベントが行われ大盛況。本作の予告が流れると会場からは大拍手が巻き起こり、先行して一部の映像も公開されると“シャークネーダー”と称される熱狂的なファンから、多くの歓声と笑い声が上がっていた。

 これまで『シャークネード』シリーズは、ロサンゼルスをはじめとしたアメリカの主要都市をメインに、第3弾では宇宙に飛び出し、第5弾ではここ日本も舞台になった。最新作では、もはや時空を飛び越え、恐竜時代、中世時代、アメリカ独立戦争時代など、8つの時代を股にかけた想像の斜め上を行く展開を見せてくれる。ちなみに上映時間は86分なので、約10分に一度はタイムスリップする計算だ。

 そして、本作では各時代におけるサメと人類の対決はもちろん、もはやお約束となった、過去の名作のオマージュや豪華スターのカメオ出演でも楽しませてくれる。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ロード・オブ・ザ・リング』を始め、主人公フィンを演じるアイアン・ジーリングの代表作『ビバリーヒルズ高校白書』へのオマージュシーンも登場。さらに世界的ロックバンド、オフスプリングのメンバーや、マイケル・ジャクソンの姉ラトーヤ・ジャクソンといった、ジャンルを超えた意外すぎるスターの登場は、ただのカメオ出演とは違った角度の楽しみにつなげてくれるはずだ。

 そして最も重要なポイントは、本作が4DXという体感型劇場で上映されるということ。筆者は一足先に試写で体感させていただいたのだが、本作と4DXとの相性は抜群で、まるで本作のために開発されたのではないかと思うほど。雨が降り、吹雪にさらされ、波のしぶきも体感でき、不意に襲ってくるサメの4DX演出には心底驚かされた。そして次々と巻き起こる“サメ竜巻”をついに疑似体験できたことは、まさに夢が叶った瞬間。本作を観る上で、4DXこそがベストな選択だと言えるだろう。

 主人公一家の家訓であり、劇中で主人公フィンが叫ぶ「SEMPER PARATUS(常に備えよ)」を心で唱えつつ、ぜひ4DX劇場で「シャークネード」の世界に巻き上げられていただきたい。(文・中野ダンキチ)

 映画『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』は、11月2日よりユナイテッド・シネマとシネプレックスの4DX劇場にて、11月9日よりコロナシネマワールドの4DX劇場にて全国公開。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介