太賀、主演映画の主題歌・ゴスペラーズの生歌に感激「ヤバかったです」

映画
【作品以外NG】映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』完成披露試写会20181030
映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』完成披露試写会にて  クランクイン!

 俳優の太賀が30日、都内にて行われた主演映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の完成披露試写会に、共演した吉田羊らと共に登場した。二人には内緒で主題歌を担当したゴスペラーズもサプライズ登場、主題歌『Seven Seas Journey』を生歌で披露した。

 本作は、人気ブロガーで漫画家などとしても活躍中の歌川たいじが、自身の母親との関係を描いた同名コミックエッセイの実写版。社会人として働くタイジ(太賀)が、友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返り、何年にもわたって関係を断っていた母(吉田)と向き合い、その愛を取り戻そうとする姿を映し出す。監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務める。

 太賀は演じるにあたり、「この物語の本質は、悲しい出来事だけをクローズアップしているのではなく、悲しみをどうやって乗り越えていくのか、生きる上での力強さだったり、人と人とが寄り添い合う喜びが描かれています。僕が演じる上で、実際に歌川さんが感じてこられた喜びや悲しみを、丁寧に演じたいと思いました」と語った。

 また、ゴスペラーズの美しいハーモニーを聴いた太賀は「ヤバかったです。完成披露試写会でこんな気持ちになったのは初めてです。素敵なものを見せていただいて、感動しました」と感激の表情を見せた。太賀が客席にいた原作者の歌川たいじに「歌川さん、よかったですね」と語りかけると、吉田も「私もそう思っていました」と涙ぐみながら語った。

 舞台挨拶の最後に太賀は「タイジという役を少しでも愛おしく思ってもらえればいいなと思います」と観客に呼びかけていた。

 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日より全国公開。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介