アボカドを毎日食べるだけ? アメリカの大学で“おいしい”求人情報

気になる
アボカド
アボカド ※イメージ画像 (C)AFLO

 カリフォルニアのロマリンダ大学が、アボカドを食べる人材を250名募集した。参加者は2つのグループに分けられ、1つ目のグループは6か月間毎日アボカドを1個食べることが任務。2つ目のグループは1か月にアボカド2個のみを食する。この調査結果は研究に使用される。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。

 参加者には期間終了後にそれぞれ230ポンド(約3万2940円)の報酬が支払われる。美味しくアボカドを食べているだけでもらえるなら全く悪くない金額である。ウェブサイトで発表されている研究の理由は「アボカドはフルーツの中で脂肪含有量が最大であるにもかかわらず、人々はアボカドがお腹の脂肪を減らすと考えているのは筋が通りません」「とは言ってみたものの、それが今回の研究の仮説です」とのこと。

 この仕事の条件としては、実際に体重が減っているか否かの検査を受ける必要があるため、大学近くに住んでいること。ほかに、年齢25歳以上で、男性なら腹囲が101.6cm以上、女性なら腹囲88.9cm以上であること。そしてもちろん、アボカドを大量に食べる意思があることだという。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介