妻夫木聡×井上真央、貫井徳郎ミステリー『乱反射』で初共演

エンタメ
メ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』
メ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』場面写真 (C)メ~テレ

 俳優の妻夫木聡と女優の井上真央が、「日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎の同名ミステリー小説を基にするドラマ『乱反射』(メ~テレ・テレビ朝日系/今秋放送)で初共演することが明らかになった。妻夫木は「井上さんが僕のことを、役の中で愛してくれている実感がありました。それがすごく嬉しかったですね」と撮影を振り返っている。

 物語は、地方都市に住む幼児が巻き込まれた事故をきっかけに動き出す。原因の真相を追う父親の新聞記者・加山聡(妻夫木)が突き止めたのは、誰にでも心当たりがある小さな罪の連鎖。街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、事なかれ主義の市役所職員、尊大な定年退職者…。複雑に絡み合ったエゴイズムの果てに、悲劇は起こったのだった。決して法では裁くことができない「殺人」に、残された家族は沈黙するほかないのか──。

 主人公の加山に扮する妻夫木は、加山の妻・光恵を演じる井上との共演について「僕が言うのは失礼かもしれないですけど、一緒に演じていて、すごく気持ちがいいというか、波長が合う方だと思いました。初めて芝居させて頂いたのに、初めての感覚が無いような感じで、すごく楽しかったし、気持ちよかったです」と回想。脚本に関しては「それぞれの無神経さや人間自体の感情が交錯する部分が、特に印象的に描かれているなと思いました」と評している。

 一方の井上は「妻夫木さんとは初めての共演でしたが、とても居心地がよく、様々な感情を、妻として共有させてもらえた日々でした」と撮影を述懐。「脚本を読んだ時、今の私にどこまで表現できるのだろうと最初は悩みましたが、石井監督と妻夫木さんというお二人の存在が勇気となり、この作品に飛び込むことが出来たように思います」とも話している。

 本作の監督は映画『舟を編む』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也。脚本は石井とドラマ『嫌われ松子の一生』(TBS)やドラマ『小さな巨人』(TBS)で知られる成瀬活雄が共同で手掛ける。

 メ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』は、メ~テレ・テレビ朝日系にて今秋放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介