清原果耶「見聞きするすべてが新鮮」初主演ドラマで命と向き合う

エンタメ
NHK『透明なゆりかご』清原果耶インタビュー
清原果耶、『透明なゆりかご』インタビューフォト  クランクイン!

 「命の尊さだったり、ありがたみだったりを、改めて感じてもらえるドラマになればいいなって。私自身のきっかけにもなっています」と話す女優の清原果耶。産婦人科医院を舞台にした連続ドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合/毎週金曜22時)でドラマ初主演を果たし、撮影のまっただ中である。連続テレビ小説『あさが来た』の女中役で女優デビューした清原は、その後もドラマ『精霊の守り人』『セトウツミ』、映画『3月のライオン』『ちはやふる ‐結び‐』などで透明感あふれる演技を披露。そしていま、まっすぐに命と向き合っている。

 沖田×華(ばっか)の原作コミックを実写化した『透明なゆりかご』では、産婦人科にアルバイトの看護助手としてやってきた、高校の准看護学科に通う17歳の青田アオイに扮する。清原本人も、まだ16歳の現役高校生だ。

 「産婦人科について考える機会がそもそもなくて、産婦人科のことをゼロから知るところからのスタートでした。原作を読んで、赤ちゃんが誕生するという明るいイメージだけではなくて、陰の部分を知って衝撃を受けました。アオイを演じることになってからは、看護学校におじゃまさせていただいて、実際に行われている授業の内容を勉強しました。何かに驚いたというより、見聞きするすべてが新鮮でした」。

 初回から、乳児を抱いたり、体を洗ってあげたりといった場面もある。赤ちゃんには全く慣れていなかったという清原。「初めは私なんかが触っても大丈夫かなという感じで、むしろ距離を取りたいくらいでした」と苦笑い。しかし実際に触れ、「やっぱり可愛いし、愛おしい。自分もこういうときがあって、今の自分がいるのかなと思うと、不思議ですよね」と漏らし、「撮影現場でも赤ちゃんからの生命力を感じて、その生命力に応えられるようなお芝居をしたいと思っています」と前を向く。

 パワーは、看護師長役のベテラン原田美枝子からも感じているとか。「原田さんの熱量に支えていただいています。赤ちゃんが来た時には、真っ先に原田さんが飛んで行って、『かわいいよー、果耶ちゃん抱っこした?』と、すごく話しかけてくださいます。原田さんの作品への思いや、みんなで迷って、みんなで一緒に進んでいくというチームワークへの意識を感じています」。

 アオイと同様に、原田や、瀬戸康史、水川あさみといった共演者たちから、日々、影響を受けているという清原。そうした現場に感謝しつつ、貪欲に多くを吸収していく自分自身の姿勢を、この先も持ち続けたいと話す。

 「いろんなことに興味を持って、経験し、吸収していく。その気持ちを忘れたくないと思っています。そのほうが、お芝居の幅が広がると思いますし、生きていくうえでも楽しめるのかなって」とほほ笑む。10代でこうした作品と巡り合い、命と真剣に向き合った経験は、これからの女優人生、彼女自身の人生に、大きな糧となるに違いない。

 初回は未受診妊婦のエピソードや、日本における本当の死亡率第一位とも言われた中絶のリアルが描かれる。

 「中絶シーンの撮影で感じた空気の重たさや厚みといったものを忘れてはいけないと思っています。回が進むにつれて、不妊に悩む方だったり、病気を抱えた妊婦さんだったり、いろいろなエピソードが出てきます。明るいエピソードもありますし、そうしたお話のひとつひとつを大切にして撮影に臨んでいます」。真摯に語る清原の、思いが映るドラマになるだろう。(取材・文・写真:望月ふみ)

 ドラマ10『透明なゆりかご』は、NHK総合にて7月20日より毎週金曜22時放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介