馬場ふみか×佐野ひなこ×久松郁実、新ドラマで“ダメ男”をぶった切る

エンタメ
ABCテレビ・テレビ朝日 ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』
(左から)馬場ふみか(Photo:Shohei Yokoyama)、佐野ひなこ、久松郁実

 モデルで女優の馬場ふみか、佐野ひなこ、久松郁実の3人が、10月スタートの連続ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』(ABCテレビ・テレビ朝日系)に出演することが決定。ダメ男たちを痛烈な言葉とともにぶった切る女性3人組を演じる。

 原作は、『このマンガがすごい!2017』オンナ編で第4位、『全国3000店の書店員と選んだ2016コレ読んで漫画RANKING』で第1位を獲得し、累計発行部数は170万部(※電子版DL数含む)を突破した尾崎衣良の人気コミック。ダメな恋愛を赤裸々に描くだけでなく、ダメ男を的確かつ辛らつに切り捨てる主人公たちの「キレキレの決め台詞」で、20~30代の女性から大きな共感を呼んでいる。

 古賀円(馬場)、千鳥佐和子(佐野)、福間千代(久松)の3人は夜な夜な女子会を開いて恋バナをする親友同士。その話題に登場する男性たちは「浮気なんて男の本能みたいなもんだろ」「ウチの母親に料理教えてもらえよ」と心ない発言を飛ばす者ばかりだ。3人は「金のほかにいったいどんな魅力があるの?」「仕事だけしかしてない人間がいったい何をしてそんなに疲れるの?」と、そんな男性たちを容赦なく切り捨てていく。

 馬場は「許せないところは許せないけど、でも恋はしたいという素直な気持ちがかわいいな、と思います」と、自身の役柄についてコメント。原作を読んだという佐野は「佐和子が論理的にダメ出しをする姿はかっこよく、私自身がそういう人に憧れるのでそういった点では共感がもてました」と告白する。

 一方の久松は「私も好きな人には王子様でいてほしいという気持ちが少しあるので、そこが千代との共通している部分だなと思います」と、自分と役柄との共通点について明かした。

 また、原作者の尾崎はイラスト入りのメッセージを寄せ、ドラマ化に感謝を捧げるとともに、「女子3人がどのように動くのか、とても楽しみにしているところです」とその出来栄えに期待を寄せている。

 ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて10月より放送。

エンタメ最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介