真野恵里菜、“騒動”で中断した主演映画が公開へ 胸中を語る

エンタメ
『坂道のアポロン』完成披露舞台挨拶20180205
真野恵里菜  クランクイン!

 女優の真野恵里菜が15日、一時は撮影中止となり、今冬ようやく公開が決まった自身の主演映画『青の帰り道』について公式ブログで語った。ファンからは「おめでとう」といった祝福の言葉が相次いでいる。

 撮影が行われていた2016年の夏、出演予定だった高畑裕太が強姦致傷の容疑で逮捕され(のちに不起訴処分)撮影は中止に。「ふいに中断された撮影」と評した真野は、マネージャーから知らせを受けた当時について「瞬時に理解できずただただ呆然としました 数日たってもよく分からず」と語った。その後も「心の何処かに引っかかるもの」を感じながら過ごし「ただただ、この作品を完成させたい ちゃんと私たちの夏を終えたい。 そんな気持ちでした」と振り返った。

 映画は2017年夏、新たに戸塚純貴をキャストに迎えて撮影を再開。今年の冬に公開されることとなった。「この作品が1人でも多くの方の目に触れますように」との願いを込めながら、真野は劇中の一コマを投稿している。

 真野の想いに触れたファンからは、2年を経て公開にこぎつけた同作について「おめでとうございます」「無事公開されてよかったです」「良かったです!絶対見ます!」といった労いや祝福の言葉が相次いでいた。
 
引用:https://lineblog.me/manoerina/

最新記事一覧

特集