ミラ・ジョヴォヴィッチ&『バイオハザード』監督、モンハン実写映画化

映画
ミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン監督
ミラ・ジョヴォヴィッチ&ポール・W・S・アンダーソン監督、モンハン実写映画化 (C)AFLO

 カプコンの人気ゲーム『バイオハザード』シリーズをヒット映画シリーズに作り上げたポール・W・S・アンダーソン監督。同じカプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』の実写映画化でメガホンを取り、妻で女優のミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めるという。Varietyが報じた。

 アンダーソン監督が数年前から温めていたという『モンスターハンター』実写映画化。製作費はおよそ6000万ドル(約65億4000万円)という大スケールの作品になる予定。9月から南アフリカで撮影が始まるとのことだ。

 脚本はアンダーソン監督が執筆したが、詳細は不明。映画版『バイオハザード』を製作したコンスタンティン・フィルムとの再タッグになり、日本と中国の“大手”が製作に加わるとのことだ。

 ゲーム版『モンスターハンター』は2004年に初リリース。大きなプロットはなく、プレイヤーはそれぞれヒーローをカスタマイズして、片手剣やハンマーなどを武器に、モンスター退治に乗り出す。

 comingsoon.netによると、アンダーソン監督は以前、『モンスターハンター』実写映画版の構想について語っていたという。自分が古代の英雄の末裔であることを知った普通の男が、謎めいた世界に旅をしてモンスターハンターの修行を受け、人間を滅ぼそうとする伝説上の生物たちと戦うといったあらすじだったとのことだ。

 今回、ミラの起用により主人公が男性から女性になったようだが、ほかの登場人物や背景、キャストなどの続報が待たれるところだ。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介