人気ドラマのパロディに視聴者も爆笑『家政夫のミタゾノ』第1話

エンタメ
『家政夫のミタゾノ』制作発表記者会見20180410
『家政夫のミタゾノ』に出演する剛力彩芽  クランクイン!

 TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第1話が20日深夜に放送され、人気ドラマのパロディや時事ネタを取り入れたシーンの数々に「流行りものをさらっと扱うところが好き」「完全に陸王wwww」などの声が多数投稿された。

 ドラマ『家政夫のミタゾノ』は、女装した家政夫・三田園薫が派遣された家庭・家族の“根深い汚れ”を型破りな方法で落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。2016年10月期に放送された第1シリーズが大きな反響を呼び、約1年半ぶりにカムバック。松岡演じる三田園のパートナーとして新人家政婦役に剛力彩芽が新加入することも話題だ。

 むすび家政婦紹介所の新人・五味麻琴(剛力)は、先輩家政婦から三田園薫(松岡)の噂話を聞かされていた。ある日、麻琴は「花沢ネジ製作所」という小さな町工場へ派遣される。麻琴は真面目な社長と、彼を献身的に支える妻にほだされ、二人のために尽力することを決意。しかしその矢先、銀行の融資担当者・岡田(是近敦之)が工場へ“融資の打切り”をほのめかしにやってくる。ひょんなことから岡田のシャツに醤油をこぼしてしまった麻琴。激怒した岡田は麻琴を解雇しろと息巻くが、そこに買い物袋を下げた三田園が現れる…。

 家族経営の下町工場、日本の中小企業が蓄えた技術力、銀行との関係など、池井戸潤原作の『下町ロケット』や『陸王』などのドラマの要素が垣間見られた第1話。業績が悪化している「花沢ネジ製作所」が起死回生の新商品「ど根性ネジ」の製作に全力を傾ける様子に視聴者からは「完全に陸王wwww」「下町ロケットと陸王を合わせたような…」「陸王じゃん(笑)」などの声が殺到。

 さらに三田園の活躍により、それまで家族経営で和気あいあいに見えた「花沢ネジ製作所」の面々の不倫やデータ改ざんといった問題が明るみに出ると「時事ネタや流行りものをさらっと扱うところが好き」「データ改ざんやら不倫やらDVやら、現代の悪いところを寄せ集めてる(笑)」などの評価もSNS上へ投稿された。

 本作の見どころである、ドラマの端々で描かれる家事に役立つ豆知識は今シリーズも健在。今回も大根でシャツのシミを消したり、重曹でしつこい汚れを取るなどの裏技を披露。これには視聴者から「重曹すげー!」「きたー!定番の豆知識」「この豆知識が役に立つのよ」などの反応が寄せられていた。

 『家政夫のミタゾノ』は、テレビ朝日系にて毎週金曜23時15分放送。

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介 スゴ得コンテンツ紹介バナー