瀬戸利樹、大きな収穫は“芝居への考え方”の変化「改めて学ばせてもらえた年」

エンタメ
瀬戸利樹インタビュー 201712
瀬戸利樹インタビュー、2017年を振り返る  クランクイン!

 2014年に俳優デビューを果たし、昨年10月から今年8月まで放送された『仮面ライダーエグゼイド』で仮面ライダーブレイブを演じた瀬戸利樹。仮面ライダーのことはもちろん、初の写真集も発売し、転機の年となった2017年を振り返る。

 ゲームが大好きだという瀬戸は、寝ている間に見る夢でも「ゲームの中のキャラクターになって戦っていた」ほど。そんな瀬戸が仮面ライダーブレイブを演じることになった『仮面ライダーエグゼイド』は、ゲームをモチーフとしたライダーだった。「オーディションのときにもゲームは得意ですとお話しはしていました。確かにモチーフはゲームのライダーですね!」と笑顔を見せる。

 発表されるたびに奇抜なアイデアが話題となる平成仮面ライダーだが、特に「仮面ライダーエグゼイド」は姿形からして、これまでのライダーとは一線を画すものだった。「ビックリしました。まず目がついているというのを見たことがなかったですから。これに変身してもらいますと資料をいただいたときに、『お、おお。おお??』となりました(笑)。新しい!っと思いましたね」。

 街中でヒーローだと実感する瞬間もある。「子どもにすぐ気づいてもらえます。先日も電車に乗っていたとき、お母さんと子どもが隣同士で座っていて、僕はマスクをしてたんですけど、子どもはすぐに分かるんです。『あ、ブレイブ』って。そうか、僕は子どもたちのヒーローなんだなと肌で感じました」。

 1年間を通じて放送される仮面ライダーは、演技を始めて数年の若い俳優たちにとって、ほかにない貴重な現場だ。「お芝居に対しての考え方が変わりました。それまでは脚本を読んだときに、頭の中で自分の芝居を決めてしまう傾向があって。それが、相手の言い方や感情によって、自分の芝居を返せるようになりました。設定やセリフだけを頭に入れて、あとは実際の場の感情に任せる。それを学べたのがとても大きいです」。

 今年はファースト写真集『SETOGRAPH』も出版した。「写真撮影はあまり得意ではなかったんです。動画だったらスタートしたら気にならないけれど、写真は周りの人を意識してしまったりして。でも今回のカメラマンの濱田英明さんがすごく優しい方で、カメラを意識せずに自然に撮ってもらえました」。

 出版後の反響も大きかった。「有難いですね。特にレモン風呂の写真の感想が多かったかな。お尻を出したんですけど、すごくキュートなお尻だと言っていただけました(笑)」。

 「もっと僕を知ってもらうために、来年以降も、少しでも皆さんの前に多く出られるように頑張りたい」と力強く語る瀬戸。憧れの俳優は高橋一生だと明かす。

 「作品を見るたびに全然違って。カメレオン俳優というか。でも、自然な演技でクセのあることはしてないんですよね。それが凄いなって。あと、単純にかっこいいです(笑)。僕は自分とは違う系統の顔の人を好きになる傾向があるんですが、そのなかで高橋さんはダントツにドストライクなお顔です。さらに演技もめちゃめちゃ好きなので、いま1番好きです」。

 そして最後は、1年を振り返りつつ、これからを見据えた思いを明かしてくれた。「ドラマ、映画、舞台と、どれも初めての経験というわけではなかったのですが、でも改めて学ばせてもらえた年でした。そして芝居への考え方を変えられたのが大きな収穫でした。これから大事な1年、1年になってくると思うので、結果にもこだわりつつ、しっかりとひとつひとつのお仕事に向き合っていきたいです」。(取材・文・写真:望月ふみ)

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介