月9で話題の美女・今田美桜、快進撃の1年を振り返る「人生で1番変わった」

エンタメ
今田美桜
話題の美女、今田美桜にインタビュー  クランクイン!

 今田美桜、二十歳。現在公開中の映画『デメキン』では不良少女を演じ、最終回を迎えたばかりの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』ではデリヘル嬢に扮するなど、東京進出2年目にして、今年映画2本以上、TVドラマ3本に出演を果たしたネクストブレイク女優だ。そんな彼女に、躍進の年となった2017年を振り返ってもらい、素顔と魅力に迫った。

 東京へ出てきたのは昨年の夏。「やっぱり人が多いです!それに行くところが多すぎて逆にどこに遊びに行っていいかわからないくらい。こちらに来てから、浅草には行きました。あとスカイツリーは下から見上げました。東京タワーも上りたいんですけど、それはまだ何となく取っておいてます」とにこやかに語る今田。

 そして、「想像できなかったほどたくさんの作品に参加させていただいて、去年の夏からこの1年半の期間は、人生で1番変わった、成長できた時間だと思っています」と続けた。

 まさに快進撃だ。先日終了した『民衆の敵』で早くも月9レギュラー出演を果たし、高橋一生演じる藤堂誠お気に入りのデリヘル嬢・莉子を演じて話題を集めた。『僕たちがやりました』から2クール連続のドラマ出演となる。「インスタグラムをやっているのですが、コメントもたくさんもらえるようになりましたし、友達からも見たよって連絡が来たり。そうした反響は力になりますし、嬉しいです」。

 『民衆の敵』では高橋の“姿勢”から刺激を受けたという。「もともとストイックな方だというのは聞いていたんですけど、ちょっとしたしぐさでも、この人はこういう人だからと、すごくこだわって監督さんとお話されていました。そうした姿を間近で見ることができて、とても勉強になりました」と撮影時を振り返る。

 『デメキン』では不良少女のアキ役。デリヘル嬢に不良少女と、攻めの役柄選びが印象に残る。「アキを演じるために初めて髪の毛を染めました。ヤンキー役というのも初めてなので新鮮でしたね。個性が強い役が多いと言ってもらえますが、いわゆる清楚な女の子の役というのは、オーディションに行ってもなかなか縁がないんです」とチャレンジングな役はたまたまのようだが、結果、女優としていい方向へと繋がっているようだ。

 「いろんな役をやりたいです。作品ごとに、全然違う人に見えると思ってもらえたら嬉しいですね。作品としてはメッセージ性の強いものが好きで、たとえば今年公開された映画だと『愚行録』がすごく印象的でした。ああいった作品に出たいです」。

 性格は負けず嫌い。「出演させていただいた作品は、どれに関しても悔しいところが絶対に出てきます。オーディションに落ちてもやっぱり悔しいですし、負けず嫌いなところは負けないです。落ち込むこともありますが、いろいろ考えるのは苦手なので、ば~って泣いて、次から頑張ろう! と立ち直ります。常に内側でメラメラしているタイプですね」。

 最後に特技だという博多弁の早口言葉も披露してくれた。「おっとっととっとってっていっとったのに、なんでっとっとってくれないとっていいよっと!(「おっとっと」を取っておいてって言ってたのに、どうして取っておいてくれてないの?って言ってるの)」。屈託のない笑顔が周囲を引きつける。彼女の魅力に少し触れることができた気がした。

 「『デメキン』では博多弁での演技をさせていただきました。ナチュラルな博多弁になっているので、ぜひご覧になってください。これからも、もっともっとお芝居を頑張りますので、よろしくお願いします!」。2018年は今田美桜にとってどのような年になるのか? その活躍から益々目が離せない1年になりそうだ。(取材・文・写真:望月ふみ)

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介