東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、『デスノート』がつなぐ“絆と仲間意識”

映画
※オフィシャル※『デスノート Light up the NEW world』東出昌大×池松壮亮×菅田将暉インタビュー
『デスノート Light up the NEW world』東出昌大×池松壮亮×菅田将暉インタビュー

 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」センセーショナルな内容で一世を風靡した『デスノート』が2016年に蘇り、また新たなムーヴメントを巻き起こそうとしている。正式な続編となった『デスノート Light up the NEW world』には、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉という、いまの映画界に欠かせないしびれる面子がそろった。インタビューでは「誰から話す?じゃんけんしよっか?」など、終始温かなムードが漂ったが、ひとたび話を聞けば、大きなタイトルに立ち向かうことになったそれぞれの闘志が見え隠れした。

 3人が3様に思いを込める映画『デスノート Light up the NEW world』は、新たに人間界にもたらされた6冊のデスノートのゆくえを描く。捜査官・三島(東出)はデスノート封印のために奔走し、世界的名探偵Lの後継者・竜崎(池松)は正体のつかめない要素はそのままに、Lを超えるために捜査にあたり、サイバーテロリスト・紫苑(菅田)は敬愛するキラのために、6冊すべて独占しようと危険な行動に出る。

 物語を引っ張ることになった東出は、「10年前、僕自身が『デスノート』のいちファンだったんです。ファンだった連中って今、大人になっているんですよね。そこにわかりやすく届けようとしたら、つまらないものになったと思うんです。説明が多すぎず、難解さもあって、面白さもあって、決してひよったものにはなっていないはず」と、作品の出来に自信をのぞかせた。そして、「(台本を)知らない人が観たら面白いんだろうなあ、っていう気持ちはありました(笑)」と、ファンならでは目線で、初見の面白さに思いを馳せた。

 これまで『紙の月』、『だれかの木琴』など年上女優との共演や、作家性の強い作品に数多く出演してきた池松は、「普段、あまりこうした作品で演じてこなかったからか、できあがったものにものすごくワクワクしました」と、素直に思いを打ち明ける。続けて、「今回は大人だましもやらないといけないというか。より広く大人も楽しめて、実写化の影が見えないところまで映画として作りこんでいく、『バットマン』が『ダークナイト』になったような部分を目指していたんです」と、映画の世界自体がパワーアップしていると表現した。

 一方、「昔『デスノート』を観ていたときは、ライトとLの頭脳戦に本当にワクワクしていました。どっちを応援するわけでもなく、すげえ、って感じでした」と思い起こしていたのは菅田だった。スクリーンで観ていた戸田恵梨香演じる人気キャラクター・弥海砂(通称ミサミサ)と競演できたことは、菅田個人にとっても特筆すべきことだったそう。「公私ともに、『ああ、ミサミサ!』って思いましたよ。紫苑にとっても特別な存在でしょうし」と、満足げに微笑む。

 それぞれに共演経験があったとはいえ、3人が一堂に会した作品は本作が初めて。東出は、「二人との共演は、すごくうれしかったです。同年代ということもあるけど、抱えてきた思いや築いてきたものが、わりと近しいことがこの特殊な仕事においてあるかもしれないので、お互いしか理解し合えないところもあるのかなと思っています」と真面目に話せば、横から池松が「そんなに真面目でしたっけ(笑)?」と突っ込みを入れる。

 ニコニコして聞いていた池松も、同世代俳優の存在は格別なものになったと東出の意見に同意する。「同じ時代に生まれて、同じものを見てきた人たちとのお芝居は全部面白かったです。例えば、普段はやらないんですけど、神戸ロケのときは東出さんの部屋で毎晩飲んでいたり」と池松が話せば、菅田も「同世代ってどこかうれしいんですよね」と同調し、止まらぬエピソードトークを始めた。その中で東出が放った、「『観てよかった』と言われる作品を世に出し続けていきたいので、二人はともに戦う仲間」という言葉は特に印象深く、これから先の3人の飛躍を否が応でも期待してしまうのだ。

 映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より全国公開。(取材・文・写真:赤山恭子)

最新記事一覧

特集

クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介
スゴ得コンテンツ会員登録ボタン
クランクイン紹介